紅き葉は舞い落ちれど
管理人くれはのオンラインゲームプレイ日記です。現在ファイナルファンタジーXIVをプレイしております。


本サイトは「STOP RMT!!」プラチナリボン運動に参加しております。
STOP!! RMT

プロフィール

多摩のくれは

Author:多摩のくれは
 どのMMOでもまったり過ごすことが信条。
 メインジョブが学者と黒魔道士、サブはナイトで、趣味は野良ヒール。
 IDは苦手意識が強いため主にフィールドを歩いている。
 自他共に認める天然なので、稀に意味不明な言動を取る恐れアリ。

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリ

FFXIVプレイ日記 (37)
雑記 (67)
大航海プレイ日記 (396)
風の赴くままに (16)
バルシャで無寄港インド! (7)
くれは。世界を釣る! (13)
フィッシュハンターくれは。! (15)
管理人の大航海妄想劇 (4)
マビノギプレイ日記 (294)
イメンマハの水面に月は映える (13)
エリンを見つめる (52)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どんなに副業が成功したとしても結局自分の本性は本業であると気付く

 実は結構前にDOLに復帰してはいたのですが、どうにも文章を書く気力が湧いてこなくてですね。暫く放置してしまっておりました。まあ放置してしまっていても誰も困らないブログではありますけどね。

 そんなわけでおはようございます、くれは。でございます。

 復帰してからなんか色々とですね、飛行機のムービーに驚いてみたり、(画面上の)ワールドクロックの存在意義に首を傾げてみたり、陸戦の変わり具合に驚いてみ…いやそれは多分以前からだったと思うのですが、そんなことを体験しつつ現在に至ります。
 大海戦に参加可能な時は積極的に関わってみたり、なんだか断片地図が以前より溜まりやすくなったような気がするので頻繁にサルベージに出かけたりしておりますが、最近またハマりだしたのがこれですよ。

 冒険です!

 キミ冒険者だろ?とかいうツッコミを言う人は、私のイワシを盗もうとした名倉君と共に1日マストに磔の刑にして差し上げます!いやホラ、なんかいつも釣りをしてたりとか世界のあちこちを駆け巡っているので、ここ暫くちゃんと冒険していなかったんですよね。なんで世界のあちこちを駆け巡っていたのかと聞かれると、何故か答えに困ってしまうのですが。
 特に何かこなしたいクエというのはないので、サルベージなどで出かけた先の最寄りの仲介人からまだこなしていないクエを提示して頂き、それをこなしたらまた最寄りの仲介人に次のクエを紹介して頂いて…という感じで放浪人生を歩んでおります。

 そんなわけなので、これからまた折を見てブログを更新していきたいと思います。仕事の関係で平日はおそらく更新は無理ですが、休日に
 気が向いたら
 更新していきたいと思います、気が向いたら。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/06(日) 17:01:49|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三度目

 波に揺られて隠れて見えて
 紅の葉は流れてく
 七つの海を
 風の吹くまま潮の向くまま
 蒼天満天仰ぎつつ
  1. 2013/01/03(木) 20:40:38|
  2. 風の赴くままに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅き葉は再び舞い落ちる

神が運ぶ風は紅き葉を再び散らした。
けれども。

次は三度目。
必ずいつか戻ってくる。
みんながいる七つの海へ。
三度海をたゆたうその時が来るまで。
  1. 2012/10/03(水) 23:49:06|
  2. 風の赴くままに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分が所属する組織が実は悪の組織だったという設定は意外とあちこちで見られる

 またまたお久しぶりです!仕事が長期休暇状態なのでホントは毎日更新もできる筈なのですが、DOLをプレイしているとなぜかブログの記事を書く時間がなくなるという…。
 さて「1st Age」のイベント、開始されましたね。ちょっとこのネーミングに色々とアレを感じているのですが、まあそんなアレはアレしておいて、とにかくアレです。アレ。…アレ。

 …うん、ちょっとイベントの名前を忘れてしまいましたが、冒険週間っぽいアレ。このイベント(?)のお知らせを見たとき、わくわくが止まりませんでしたよ!やっぱりホラ、私もですね、常に釣りしてたりとか寝そうになるほどサルベージ修行してたりとか死ぬほどチンボツしていたりとか、そんなことばかりしていても一応冒険者の端くれですので。
 どうせなら殆ど冒険をこなしていない外洋方面へ、ということでセビリアからゴア行きのクエを受けて揚々と出航。途中寄港はせずに一気にゴア到着です。そんな感じで暫くはカリカットを中心にインド方面での冒険の依頼をこなしていたのですが、面白そうな依頼をこなしていくうちにいつの間にか東南アジア、そして東アジアに来てしまっておりました。
 実は私、東アジアにはあまり長期滞在したことがないんですよ。なんでかというとですね、
 頭のカタい貿易所のオッチャンが許可を取らないと商売をしてくれないとか言って相手にしてくれないのですよ。
 釣った魚を売って生計を立てている私としては、これは結構なダメージです。仕方がないので南蛮の許可を貰おうとしたこともあったんですが、モノによってですが最低でも250とかいう数量が必要なのだとか。最低でも250ですよ。

 私の船の船倉容量がいかほどのものなのか、あなたは知っておいでか⁉

 しかもここのお店、物々交換だそうですね。私としては船倉内に溢れかえっている魚を処分して頂けないと困るのですが。

 まあそんなことは置いといてですね、依頼をこなすためにどんどんと移動していたらいつの間にか東アジアに到達していたのですが、東アジアから別の場所に向かう依頼が全然出てこないのですよ。これはアレですか、私のような貧乏航海者は東アジアに封じ込めて破産させようなどと企む悪の秘密結社「冒険者ギルド」の仕業というわけですか。
 その手には乗りません!とばかりに境から重慶に向かう依頼をこなした後は、ジャカルタまで戻ってきました。ここでようやく船倉内に溜まりまくった魚を売却。依頼の報告も済ませて、次の依頼を…悪の秘密結社から斡旋される仕事に手を染めるのはあまり気分のいいものではありませんが、これもZephyrosに生きる冒険者の定め…止むを得ません。
 いつの日か悪の秘密結社「冒険者ギルド」の秘密を暴いて差し上げましょう!…とか書くと中の人から怒られそうな気がするのでこの辺で黙っておきましょう…。
 中の人が誰かって?そんな恐ろしいこと、私のクチからは言えません‼


 大航海時代Onlineのキャラで作るSNS「もうひとつの大航海時代Online」への参加者募集中!
 詳しくは→のサイドバーをご参照!


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2012/05/05(土) 15:30:05|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

机から首だけ出して生首の真似をしても誰も見ていないことが多い

 背後霊の勅命も貯め込んでいたサルベージもこなし、ようやく自由の身となったところに商会内で遠足の話が持ち上がったので行って参りました。カリカット発淡水行きの「中断された依頼(だっけ?)」です。
 遠足の集合場所は商館があるジェノヴァだったんですが、出発時間に間に合うかどうか分からなかったので先回りしてカリカットで待機していました。…というと準備がいいように聞こえますが、実際には直前に行ったサルベージがこの近くだったからついでに寄っただけだったり…。
 で、当日実際にログインしてみたら参加者の殆どがカリカット。
 あぶないところでした。
 もし欧州にいたら、遅れてログインした上にメンバー全員既に出発したことに気が付き、泣きながら腹いせにマグロを釣っていたに違いありません!…いや、私はマグロ釣りをしていると心が安らぐんですが…ヘンですかね?

 で、無事メンバーと合流してクエスト開始。初っぱなから危うくギルドマスターの話を聞き忘れる…のではなくて、そもそもクエストを受け忘れるという大事故を起こしかけつつもカリカットを出発。ジャカルタへ向かいます。
 ジャカルタで情報を仕入れたら、次は淡水へ。淡水の郊外で遺跡を視認します。クエストとしてはここで完遂となるのですが、せっかくの遠足なので…ということでこの遺跡ダンジョンを攻略することに。
 とりあえず上層だけということで気軽に挑戦してきました。気軽にという割には背後霊が地味に死にかかっておりましたが。
 ダンジョンから生還したら、みんなで記念撮影をしてこの日は終了です。






 なまくび。


 大航海時代Onlineのキャラで作るSNS「もうひとつの大航海時代Online」への参加者募集中!
 詳しくは→のサイドバーをご参照!

  1. 2012/04/15(日) 20:44:26|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

抽選会というのは自分が参加していない時に限って欲しい景品が出展されていたりする

お久しぶりです!またまた前回の記事から大分経ってしまいましたが、RMTの広告が出ないのをいいことに見て見ぬ振りをしてお…もとい、更新できておりませんでした。
さて前回何を書いたのかと思って読み返してみましたが、なにやら背後霊の釣り修行がどうのなどという記事になっておりますね。

申し訳ございません!

一体いつ書いた記事なのでしょうかこれは?背後霊の釣り修行なんてもうとっくに終わらせてしまっておりまして、ヴェネツィアイベントおよび世界周航イベントも完遂してしまっております。
で、今は何をしているのかというとですね、背後霊のサルベージ修行をしておるのですよ。以前書いたような気がするのですが…あいや、書いたと思うのですが……いや、書かなかったような気もするのですが……すみません、なんだかよく分からないけどすみません。
ええっと、私が今持っている海図のサルベージが思いの外難関となっておりまして。釣り師を生業とする以上サルベージを優遇スキルにはできませんが、そこそこのサルベージスキルを持つ航海者が二人いれば、大抵の沈没船は引き上げられるのではないかという思惑から、背後霊もサルベージ関連のスキル上げをしているわけです。
で、背後霊もいくつかサルベージをこなして、今回大物っぽい海図が来たので引き上げ修行に使えるかなあと思ったのですが、場所がサンフアンの目の前でNPCどもがうろうろしておる訳なのですよ。キミらそんなところで集団でたむろしていたら獲物なんて来るわけないでしょと、とてもとてもご指摘申し上げたい。田舎の駅に深夜たむろしているヤンキーなるお兄様方をご覧になったことがないのですか。
とりあえずですね、ここ暫くはそんな感じで背後霊の育成ばかりしていたものですから、ライブイベントの類はことごとく無視してしまっておりまして。噂によればメイン帆が頂けたりですとか太陽の護符が頂けたりですとか、なんでこう私が参加していないイベントに限ってこんな羨ましいアイテムが頂けるのかと不思議でなりません。
もうそろそろ新しいライブイベントが発生したら今度は参加してみようと思っております。とりあえず、次は大海戦があるようですが…。またマグステでも調理して売り出してみますかねえ。
  1. 2012/04/07(土) 20:58:58|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

準備万端と思って出発してもゲート直前でETCカードが差ささっていないことに気がついて慌てる

 Twitterで誰かが呟いてくれないとライブイベントがあることに気が付きもしない公式見ずのくれは。でございます。
 背後霊の釣り修行なんですが、ある程度マグロも釣れるようになってきたしまったり上げでもいいかなというような気がしてきました。どうせ時々行うマグステ作りのためのマグロ釣りで勝手に上がっていくし、普通に航行中にしている釣りでももう十分食っていけるだけの収入が得られる釣り果になっていますからねえ。
 なので今はヴェネツィアイベントを進める方に重点をおいて動いています。一段落ついて航行日数が必要になったら、マグステ作りをしてみたりサルベージをしに行ってみたりライブイベントに行ってみたり。そんな感じですね。

 さてその背後霊ですが、冒険LVが23になっておりました。あとひとつ上がれば、スクーナーに乗ることができるようになるわけです。スクーナーはかつて私に取り憑いていた守護霊が乗っていた船です。タさん(仮名)にお譲り頂いた良い船です。
 航行性能もさることながらもう一つ気に入っているのが、燃費の良さです。名倉君十数名いれば船を動かすことができます。名倉くんが少なくて済むということは、それだけ飲み水も少なくて済むということで、船倉も空けられます。そしてその分マグロも沢山船倉に入れら……やっぱりそっち方面かというツッコミを入れたのは誰ですか!?

 まあとにかくですね、あとひとつということで冒険の依頼を受けて受けて、ようやく背後霊の冒険LVが24になったわけですよ。これでスクーナーに乗れる!というわけで、かつて稼働していた守護霊から船の証書を譲り受けてきました。ついでなので、その他アイテムと所持金全てを背後霊に移しました。
 これでほぼ守護霊はお役御免になってしまうのですが、キャラ削除は致しません。こんな状態でも実はとても役に立つことがあるのです。それは、商会コンペに向けての商会内生産会、その名も「凄惨会」で、生産済みアイテムの荷物持ちです。アイテム枠内に船の証書1枚しか入っていない守護霊はまさしく適任!…まあ、お金もすっからかんなので名倉くん生殺し状態になりますが…。

 で、スクーナーを受け取った背後霊、喜んで乗ろうとしたのですが何故か乗船不可。ハテ?何か不足している条件かなんかありましたっけ?冒険LVは条件満たした筈なのですが…とパラメータを改めて見直してみると、
 交易LVが足りておりませんでした。
 スクーナーに乗るには交易LVが12必要。背後霊は11。なんという事か!!
 私は交易をほぼしないので、交易の経験をどうやったら稼げるのかをよく知らないので、このまま魚を売ってその経験だけでLVアップ目指そうと思います。まあ急ぐものでもないのでまったり行こうかと。


 大航海時代Onlineのキャラで作るSNS「もうひとつの大航海時代Online」への参加者募集中!
 詳しくは→のサイドバーをご参照!

  1. 2011/10/23(日) 11:27:43|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

史跡を訪ねると規模の大きさよりもモノの大きさが想像以上なことに絶句する

 さて、なんだか最近航海者の間では今後の大航海時代Onlineのことについて色々と議論を醸している様子ですが、そんな話はどこ吹く風と特に意に介していなかったりする釣りオタクな航海者のくれは。でございます。
 まあ以前の私であれば嫌なら辞めればいいでしょ的な発言をしていたと思いますが、最近はそういう議論が発生するのは大航海時代Onlineが本当に好きだからこそなんだと思えるようになって参りました。そういうことであれば大いに議論するのがよろしかろう。その声が運営サイドに届けば尚よろしかろう。
 まあ。
 私は外から傍観していると思いますが。

 相変わらず更新頻度低いですが、航海は確実にしております。最近は背後霊の釣り修行は一旦中断してヴェネツィアイベントを進めるべく、名声上げのための冒険を繰り返しておりました。ようやく名声合計5000を超えて西アフリカに出られることに。
 ひと通り西アフリカの港を回ったらイベントの続きはまたまたヴェネツィア。いわゆる新三国の国別イベントって、イベントが進むと舞台が新しい海域に移っていくというわけではないんですかねえ。……新三国なんて言っても、今のDOLプレイヤーさんは何のことか分からないんでしょうね…。
 背後霊の近況はそんなところですかね。

 さて今週末は商会のテノチティトランツアーがありました。今まで参加する機会が2回ほどあったんですが、2回とも遅刻。リアルで添い寝しなければならない子を持つ親としては、21:00集合はちょっとキビシイ時間帯です。今回も危うく遅刻しそうになったんですが、なんとか間に合いましたよ。
 集合場所はサントドミンゴ。予め前日に船を回しておいてよかったです。一応背後霊も連れてきてはいますが、上陸することは当然できないので出航所でお留守番。
 まずはクエストを受けて。それからみんなでメリダに向かいます。陸戦があるとは以前聞いたことがあるのですが、
 この時初めて海戦もあるということを知りました。
 しかし御安心召されとばかりに渡された太陽の護符。これを連打すればあっという間らしいです。ほうほう。これは素晴らしいアイテムですね。

 一旦メリダに寄って皆さん前準備。私は特にすることが無いのでメリダの桟橋で釣りでもしようかと思ったのですが、皆さん準備を終えて出航所に戻っていくのを見て慌てて船に戻りました。まったく、釣りオタクって嫌ですね。
 そしていざ出航。北に向かって敵艦隊にエンカウントです。では早速私は太陽の護符を!とカスタムスロットに入れておいた護符を連打しようとしたら、
 ごーん。
 ごーんごーん。ごごーごーんごーん。
 という妙に思っ苦しい効果音と共に巨大なカードのようなものが上に向かって登っていくカメラエフェクトが連続で再生され、唖然。ようやく艦隊メンバーが護符を使っているのだということを理解し、私も護符を連打!と我に返った時には、
 戦闘に勝利しておりました。
 私、何もしていないんですが…。

 そしてヴェラクルスに入っていよいよ陸上エリアへ。一応陸戦があるということで、先日背後霊と一緒に冒険クエスト中に拾ったロロの兜を持ち出してきました。その他には特に防具らしきものは持っていないので、その兜だけをかぶってみましたが…非常に中途半端な格好です。そのままヴェラクルスの郊外へ。
 ここにいるNPCと話をして戦闘開始。一応私も背後霊と一緒に冒険中、マッチロック銃で戦闘しつつ幾つかのテクニックを覚えていたのでそれを使ってみたりしたのですが、
 他の皆さんの力があまりにも強くて私のテクニック発動前に勝負がついてしまったのはこの際置いておくことにします。
 勝負がついたらいよいよ奥地へ。憧れのテノチティトランへ踏み込みます!


 なんだか着ぐるみ着ている人とかいますがあまり気にしないで下さい…。テノチティトラン発見です!発見の瞬間のスクリーンショットは撮り忘れてしまいましたが…。

 ピラミッドを背景にして一枚。登ってみたかったのですが、残念ながら登ることはできませんでした…。階段の麓に有名な生贄の祭壇があったので、おそらくは選ばれた者もしくは神官くらいしか登ることが出来なかったのかもしれませんね。

 夕日もなにげに綺麗でした。ここで暫し皆さんとお喋り。

 空を見上げると、コンドルが。南米といえばコンドル。ここで、コンドルが飛んどるなどと発言してみたのですが、誰も反応する人はいませんでした。

 という感じでテノチティトランツアーは終了。今度はどこに遠足に行こうかなんて話も既にこの時点で飛び出していたので、またどこかにお出かけするかもしれませんね。


 大航海時代Onlineのキャラで作るSNS「もうひとつの大航海時代Online」への参加者募集中!
 詳しくは→のサイドバーをご参照!

  1. 2011/10/09(日) 14:45:11|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅まで歩いていざ改札を入ろうとするとポケットに財布も定期もないことに気がつく

 なんとなくブログを更新する意欲が強くなってきておりますので、せめて週末くらいはこうやって更新していきたいものですね。

 さて前回の記事で商会メンバーの鳥さん(仮名)より譲って頂いた大型スクーナーですが、オプションスキルとして投網が付与されておりました。そもそもオプションスキルとはなんぞや?というところから勉強し直しだったわけなんですが、要はアレですね、私がごく稀に使っている急加速とかがそれ。その船自体に付いている特殊なスキルなわけですね。使用するにはオプションスキルが付与されている船に乗り、且つ条件を満たす技術系スキルを自分が所持していること…今更説明しなくても皆さんご存知だとは思いますが。私だけですか?知らなかったのは?
 で、投網は自動発動。つまり条件さえ満たしていれば勝手に発動するスキル。その条件とは、管理技術がランク2。ほうほう、なるほどねえ。
 管理技術私持っていないんですけど。
 確かスキル枠がひとつ開いていたはずなので、ここに入れてしまうことに致しましょう。管理技術を扱っているのは、ヴェラクルスのラス・カサスさん。それでは一足飛びに行って参りましょうか。

 というわけでやって参りました、ヴェラクルス。いつものように魚と魚肉を売りつけたら、そのラス・カサスさんを探すわけなんですが…なぜか見つからない。街中をぐるりと回った筈なのですが…おかしい、どこにいるのですかアナタ?ホェァ?と2周目に突入。それでも見つからずに3周目に突入した所でようやく見つけましたよ…茂みの中に。こんな所でナニしてるんですかこのハゲめ!光っているから茂みの中でも大丈夫だろうとか、そういう言い訳は聞きたくありません!
 で、ようやく見つけ出したそのハ……ラス・カサスさんに管理技術の伝授を賜ろうとしたのですが…なぜか彼は渋いカオ。何やら足りないものがあるようです。なになに…運用スキル?
 運用スキル私持っていないんですけど。
 おそらくここから一番近い運用の習得場所は、リスボンの商人ギルドマスター。欧州に逆戻りですね。スキル枠がひとつ足りなくなってしまうので、背後霊にアラビア語を担当してもらうことに。まずは背後霊にアラビア語を習わせるためにセビリアへ。私はアラビア語を捨ててスキル枠をひとつ確保し、リスボンへ。商人ギルドで運用スキルを習得したら、その足で再びヴェラクルスへ。
 そしてようやくラス・カサスさんに管理技術を伝授して頂きました。長かった…スキルを習得するだけだったのに。

 さて、投網を発動するには管理技術を2にしなければいけません。管理技術を上げるには、航行している状態で生産をし、大成功すればいいらしいですね。
 それならばとマディラまで移動し、マグロポイントでうろうろしながらマグロ釣りをしてその場で捌いて魚肉にしては捨てるという、頭がイカレた行動を取って一気にランク2に。投網さえ発動すればあとは管理技術に用はありません。そのまま放置です。

 これで投網が発動する筈です。成果が確認できるのは…どこなんでしょうねえ。とりあえずマグステの在庫が無いので、マディラでマグロ釣りしますかねえ。


 大航海時代Onlineのキャラで作るSNS「もうひとつの大航海時代Online」への参加者募集中!
 詳しくは→のサイドバーをご参照!

  1. 2011/09/23(金) 11:32:52|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんなにラーメンが大好きでも一ヶ月連続で食べれば飽きる

 またまた更新が…というのも毎回恒例なような気がしてきたので、今回は書きません。書きませんよ、ええ。
 さてここ暫く何をしていたのかと言いますと…実は一ヶ月以上アマゾンに篭っておりましたよ。というのも先月のZephyrosジェノヴァの商会コンペのお題が、例のアレだったのですよ、アレ。
 死のピラルクグリルですよ!
 釣り専門冒険者であるこのワタクシメ、……いやスミマセン、釣り以外殆ど何もやっていないんですけど…。釣り専門冒険者という肩書きはもうやめたほうがいいですかね。釣り師です、釣り師。もうかれこれ何年も冒険一筋だというのにいまだにクリッパーにも乗れませんからね。

 …で、何の話でしたっけ?

 ああそうそう、商会コンペがピラルクグリルだと決まったその日から意気揚々とアマゾンに出撃して行ったのですが、なかなかDOLにログインできなくてですね。結果的に、一ヶ月もアマゾンに篭っていた割には合わせてピラルク300匹程度しか釣れませんでしたよ…。
 なんだかアマゾンから引き揚げて来た時には名倉君が一人しかいなかったような気がするのですが…。私、ピラルク釣りをしていた時あんまり船内の様子は見て回っていなかったのですが、そういえばなんだか疫病がどうとか反乱がどうとか、名倉君が叫んでいたような気がしますね…。

 で、その後は背後霊の釣り修行ということで、ベルゲン前でタラを釣っていたりマディラに移動してマグロを釣っていたりしていたのですが、いくら釣りが三度の飯より好きだといってもここまで釣り漬けだとさすがに飽きてきましてね…。
 そんな時に今回のライブイベントです。これは渡りに船だ!ということで早速……ええ~っと…どこでしたっけ?まあ北欧の方です。出かけていったのですが…。また例によって欧州の外に行かされる事になったわけですよ。

 背後霊、イベントより離脱です。

 もうアレですね、背後霊の釣り修行は後回しにして、早いところ世界一周回れるようにした方がいいんですかね…。

 そういえば先日、我が愛船の軽クリッパー「LA-SE3P 鳥Spec号」を製作して頂いた商会の鳥さん(仮名)から、また船を譲って頂くことになりました。今回は大型スクーナーなのですが、なにやらまた色々と強化されている様子。LV的に乗れる!ということで大喜びで譲って頂いたのですが、お代のことも聞かずにその時持っていたマンボウとカジキで取引を済ませてしまう恥知らず。いくら商会メンバーとはいえ、これはさすがに失礼でした…!後から気が付いて反省しております!超反省!…ホントですよ…。
 というわけで、今はその大型スクーナーに乗り換えて背後霊を牽引しております。背後霊が育ってきたら私が軽クリッパー、背後霊がスクーナーで役割分担を、と考えていたのですが、ひょっとしたら必要なくなるのかも?大型クリッパーは縦帆船ですが、艤装し直すと横帆船としても使えそうです。なかなか楽しそうな船ですね。譲って頂いた鳥さんに感謝です!
  1. 2011/09/20(火) 22:15:47|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オフ会で初めて会う人の容貌が想像と食い違っていて面食らう事はもはやデフォルト

 私が管理人を務めさせていただいておりますSNS「もうひとつの大航海時代Online」の顔合わせイベントを、先日の9月17日(土)にEurosロンドン酒場にて開催しました。
 ……開催しましたといっても、単に集まってお喋りしていただけなんですけどね。
 この手のゲーム関連のコミュニティって、同じゲームをプレイしている仲間同士で集まっているにも拘らずゲーム内で直接会って話すことが稀なので、実際に会うとなんとなく不思議な感覚になるんですよね。

 さてそういうわけで当日、一応それなりの時刻(21:00)にスタートということにしたのですが、実は私家庭の事情で21:00に参加ということがちょっと難しかったんですよね。案の定少し遅刻して会場に到着すると、もう既に皆さん集まってらっしゃいましたよ。
 予想より若干参加人数が少な目というのが正直な印象でしたが、話は弾んでいましたね。弾んでいた…というか、弾みすぎていた…というか。その場にいたメンバーの殆どの方は元々から顔見知りの方が多かったようなので、それもあるかもしれませんねえ。Zephyrosから参加だったのは私だけだったのかも?


本当はSNSに載せる為に撮ったのに間違えて名前を消してしまったのでブログに転用なんてことはありませんよ?

 それはもう数少ない男性プレイヤーさんをネタに(私はキャラが♀だったのでネタにはされませんでした)あんなことやこんなことやあまつさえそんなことまで、いわゆるアレです、腐の会話というヤツでしょうかね。そういうものがあることは知っていましたが、実際に目の当たりにしたのは今回が初めてでした。まさかこの場でそれを拝見することが出来るとは…!
 いや、面白かったですけどね。

 またできれば定期的にこういう顔合わせ的なものを開催していきたいなあと考えております。


 ここ暫く文章を書く時間すら取れないのでなかなかブログが更新できなかったのですが(主にリアル娘に邪魔をされるため)、今回の顔合わせでなんか無性に記事を書きたくなったので、今回娘がテレビに夢中になっているスキを狙って書いてみました。
 また定期的にブログ更新していきたいですねえ。


 大航海時代Onlineのキャラで作るSNS「もうひとつの大航海時代Online」への参加者募集中!
 詳しくは→のサイドバーをご参照!

  1. 2011/09/19(月) 11:26:14|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

守護霊というのは実は背後霊と同義だという事をこの時初めて知った

 さて、前回の記事と合わせてもう一つ、私の身に起きた変化の話なのですが。
今まで背後にずっと憑き纏っていた守護霊がいなくなりました。

そしてその代わりに。

背後霊が纏わり憑くようになりました…。

そもそもこのサブキャラを考えたのはですね、2アカウント同時プレイにちょっと興味があって、まあ荷物持ちとかスキルの補強とか色々できるかなあと思ったのが始まりだったんですよ。
で、一番最初に考えたのが「くれは。の背後霊」。常に後ろに付き纏っているから背後霊という名前にすれば面白いのではなかろうかと思ったのですが、最初はウケを狙いすぎてマッチョ女性にしたんですね。
そしたらすぐに飽きてしまったので今度はちびっ娘で「くれは。の守護霊」として誕生したのが、今まで後ろに付き纏っていたアレです。しかしやっぱり「背後霊」の名前が欲しい!…と悶々としておりまして、この度意を決して「くれは。の背後霊」を一から育て直すことにいたしました。国籍はヴェネツィア。国別イベントの戦闘が少なめのうえ、昔から気になっていたヴィットーリアさんとハルーン君の物語を見てみたくなりましてね。ちなみに新しく生まれ変わった背後霊は、やっぱりちびっ娘です。

とりあえず今は国別イベントを進めている最中です。一番期待していたハルーン君よりも、実はヴィットーリアさんの破天荒ぶりのほうが面白いです。最近あまりブログを更新できる時間が取れないのでこちらではお伝えできませんが、もし時間があったらもう皆さんに見せてあげたい!あなたは本当に貴族の方なのですかと問い合わせしたくなること請け合いです!
ハルーン君もハルーン君で、君は今まで一体どういう人生を歩んできたのですかと問い詰めたくなるほどのコソド…スキルをお持ちです。ヴェネツィアイベント番外編ハルーンの幼少時代みたいなものがあれば、ぜひぜひ見てみたいものです。

今のところ背後霊育成の目標としては…。

1.スクーナーに乗れるようになること。
これは結構重要です。今までは向かい風の時にはスクーナーに乗った守護霊に操船を任せていたのですが、今は私が軽クリッパーでアドリア海の向かい風を遡っています…が、やっぱり厳しいのですよ。スクーナーの有り難味が分かるというものです。これは早く背後霊のLVを上げなければ…!

2.釣りスキルを極めること。
これはまあ、本人の為ですね。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、私は基本的に交易というものをしません。釣った魚を捌いて交易所に売るだけの生活なので、魚が釣れないことには生活もままなりませんので…。

3.全世界を回れるようになること。
これは私の行動が制限されてしまうからとっととどこでも回れるようになって欲しいだけです。ついでに言うと、全世界の言語を覚えていたのも守護霊ですので、背後霊にも全世界の言語を覚えてもらう予定でおります。

暫くはマグステ作りが出来なくなりますが、守護霊の育成が終わった暁にはまた二人でマグロ釣りをしてマグステをご提供させていただきとうございます。


 大航海時代Onlineのキャラで作るSNS「もうひとつの大航海時代Online」への参加者募集中!
 詳しくは→のサイドバーをご参照!

  1. 2011/07/23(土) 16:06:19|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広大な海原でも稀に知り合いにばったり出会ったりすることがあるのが運命というもの

 今日はまとまった時間が取れそうなので久しぶりに更新してみます。

 さてさて、前回から何が変わったのかというとですね。このワタクシメ、ついに金づるを発見いたしたのですよ。何かと言うと、今まで売り物として作ったことがないマグロステーキと、沈没船の断片地図ですよ。
 マグステは今までほぼ自分の為だけに作っていましたからねえ。時々商館に並べたこともあったのですが、今回本格的にマグステ屋をやり始めたらまあこれが売れる売れる。商館がジェノヴァだからというのもあるのかもしれませんが、結構需要があるんですねえ、マグステって。
 それからもう一つ、断片地図なんですが。一時期サルベージが楽しくてサルベージャになって修行していたのですが、修行中に段々ストレスが溜まってきましてね。サルベージを上げる修行が、ですか?ノンノン、違いますね。サルベージ修行なんていっても、名倉君一人だけ連れ出してひたすら一人で引き上げ作業させて、私はひたすら船の修理するだけですからね。別に大変ではありませんよ、
 私はね。
 まあ強いて言えば段々眠くなってきてしまうのが欠点といえば欠点ですが…。名倉君?たまにふらついてぶっ倒れたりしていますが、浮き輪を彼に投げてやるとなぜかすっくと立ち上がってまた修行の続きをしてくれるものですから、大いに助かっております。…誰ですかそこで鬼とか言っている人は?
 ……で、何の話をしていたんでしたっけ?
 ああそうそう、サルベージャに暫くなっていたんですけどね、修行中に段々ストレスが溜まってきましてね。サルベージを上げる修行が、ですか?ノンノン、違いますね。サルベー……これさっき話したじゃないですか。
 違います!そのようなものはストレスになりません!私にとってのストレスというのはコレです!
 マグロやらカジキやらアオザメやらに糸切って逃げられるのが私にとってのストレスなのです!
 不肖ながらこのワタクシ、自称釣り師を豪語するようになって幾星霜、釣りを(スキル上)極めてからというものこれらの大物に逃げられたことなどただの一度もなかったのですよ。ところがまあ次から次へとカジキどもに糸を切って逃げられて、これ以上の屈辱がありましょうか!もういい、サルベージはやめ!釣り師に戻る!…と釣り師に戻ったわけなのです。
 で、手元に残った断片地図をとりあえず売りに出してみようかと商会員さんに相場を聞いたらですね。もうびっくりするようなお値段!まさか!私が1回サルベージして手に入れる利益と同じくらいの値段が断片地図1枚につくのですか!なんということでしょう!それはホントにそれはもうそれはびっくりです!
 ただ、その相場の通りに売ろうとするとトレード売りでしか出来ないのですが、私はそんなことするような時間がありませんので、商会出展上限の500Kで売り出しています。当然即座に売れてしまいますが、私にとってはそれでも大きな収入なわけです。
 これで私も遂に…貧乏からの脱却が可能になるわけですね!?……と今まで何回このブログで言ったことでしょうか…。

 さてここからはちょこっと余談です。DOLとは…全く関係がないわけではないのですが、あまり関係のないお話です。興味のない方はスルーしてください。
[広大な海原でも稀に知り合いにばったり出会ったりすることがあるのが運命というもの]の続きを読む
  1. 2011/07/10(日) 14:31:07|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何か物事を進めようとしている時に限って電話がかかってきたり来客があったりする

 さてまた大分間が空いてしまいましたが、バルシャで世界一周などという酔狂な一人イベントを終わらせ、もうそろそろまたサルベージ修行に戻ろうかと欧州を出発いたしました。そんな矢先に耳に飛び込んできたのが、商会6周年の話。
 私が所属しているZephyrosジェノヴァの商会、仮名で七商会とさせて頂きますが、この七商会(仮名)、大航海時代Onlineと同じ長さの歴史を持つのだそうで。つまり大航海時代Onlineが6周年ならば七商会(仮名)も6周年。
 で、毎年恒例なのですが6周年なのでみんなで集まろう!…ということになったわけですよ。集合場所は勿論商会があるジェノヴァ。
 …さ、欧州に帰りましょうか。
 当日は普段見ない商会員さんも集まってカードに興じたり。私はどちらかというと参加するよりも見ているほうが面白かったので観戦組。いや別にカードの中が見えるわけではないんですけどね、カードをしている商会員さんが突然
 「ギャーーーーーーー」
 とか
 「キタ!」
 とか
 「(´・ω・`)」
 とか叫ぶのがなんか面白くてですね。最後のは別に叫んではいませんかね。
 ひとしきりそんな感じでまったりした後は、恒例の写真撮影です。七商会(仮名)では、毎年いつも決まった場所で記念撮影をします。

 震災の影響とPSNの障害の関係か、去年に比べて若干人数少な目のようにも見えましたが、それでもかなりの人数が集まったのではないかと思います。
 本当はこの日とその次の日にもやっぱり集まることになっていたのですが、リアルの仕事の関係で2日目は参加することが出来ませんでした…。無念。なけなしのお金をはたいて貴婦人のドレスまで買ったのに…。まあ売られていたものの中では安い方でしたけど。

 そうそう、その貴婦人ドレスを探して走り回っていた時にある人から声をかけられまして。なんと本ブログを見て頂いている方でした!こんな文字だらけのブログに来て頂きありがとうございます!最近全然全くホントに更新できておりませんが、折を見て更新していきたいと思いますのでまた見にいらしてください!

 さてそんな感じで商会6周年の日も終わり、次こそはサルベージ修行に戻ろうと意気込んでいたところ、今度はセビリアにカウガールが現れたとかなんとか…。あ、え~とすみません、名前は完全に忘れております。

 まだ暫くは欧州を出られそうもありませんね…。


 大航海時代Onlineのキャラで作るSNS「もうひとつの大航海時代Online」への参加者募集中!
 詳しくは→のサイドバーをご参照!

  1. 2011/04/27(水) 10:46:15|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

感動のフィナーレを想像しながら走っていても現実にはゴール前には人はまばらにしかいない

 さて復路もバルシャで日本を飛び出しました。目指すは出発地のリスボン。もちろん無寄航です。
 ではまたダイジェストでお送りいたします。

 5日目。

 画像が大きすぎてマウスオーバーで全部表示しきれないと思うので、クリックすると別ウィンドウでフルで表示できます。
 ルールの中で「名倉君は一人だけ」と決めていたのに、すっかり忘れてフル補充して出航してしまいました。まあ、10日も経たないうちに1人になりましたが。お陰で始めの方はかなりの速度で航行しています。
 …と書こうと思ったのですが、今改めて航路記録を見てみると大して差がありませんね…。最後の方で航行速度が落ちているのは向かい風になったからです。

 6日目。

 南米を回りこんでいきます。いつもはホーン岬の外側を回りこんでいくのですが、今回は敢えてマゼラン海峡を通過。大西洋に出ると波が高くて、高波で浸水→即チンボツという事態が5回は起きました。他にもなぜかNPCに襲われる率が高く、測量の発動し忘れで航路記録が虫食いだらけになっております。
 加えて穀物海岸沖に入るまでは延々向かい風。ある意味今までの中で一番の難所だったかも。

 7日目。

 穀物海岸沖に入ってようやく追い風です。ここまで来ればゴールはあともう少し!と意気込んでいったのですが、マディラ沖に入ったら再び向かい風。加えて欧州に近くなったこともあってまさしくバルシャの鈍足が如実に現れました。しかもこんな近海だというのに、賞金首は襲ってくるわ賞金首は襲ってくるわ賞金首は襲ってくるわカナリアス海賊は襲ってくるわでもう散々です。
 ようやくリスボンが見えてきて「やっと着いた!」と思った途端に疫病にかかり、名倉君が全滅した状態でリスボンに帰港。ヒドイ有様です。


 さてそんな感じでようやくバルシャで世界一周、完了いたしました。私がDOLを休止している間、世界周航が実装された時には皆さんバルシャで世界一周されたとの噂を耳にしたのですが、結構大変だったんですねえ。
 ……え、ゴールした時のスクリーンショットですか?
 ありません。この文字しかないブログの管理人にスクリーンショットを撮る癖があるとでも?


 大航海時代Onlineのキャラで作るSNS「もうひとつの大航海時代Online」への参加者募集中!
 詳しくは→のサイドバーをご参照!

  1. 2011/04/07(木) 10:43:26|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

Twitter

FeedWind

RSS Feed Widget

カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。