紅き葉は舞い落ちれど
管理人くれはのオンラインゲームプレイ日記です。現在ファイナルファンタジーXIVをプレイしております。


本サイトは「STOP RMT!!」プラチナリボン運動に参加しております。
STOP!! RMT

プロフィール

多摩のくれは

Author:多摩のくれは
 どのMMOでもまったり過ごすことが信条。
 メインジョブが学者と黒魔道士、サブはナイトで、趣味は野良ヒール。
 IDは苦手意識が強いため主にフィールドを歩いている。
 自他共に認める天然なので、稀に意味不明な言動を取る恐れアリ。

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリ

FFXIVプレイ日記 (37)
雑記 (67)
大航海プレイ日記 (396)
風の赴くままに (16)
バルシャで無寄港インド! (7)
くれは。世界を釣る! (13)
フィッシュハンターくれは。! (15)
管理人の大航海妄想劇 (4)
マビノギプレイ日記 (294)
イメンマハの水面に月は映える (13)
エリンを見つめる (52)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちょっと一休み

 さて執事も新たに2人増えて少し賑やかになったくれは。のアパルタメント。今日は久々に妄想劇いってみます。が、その前にちょっと整理する意味合いも込めて登場人物説明を。

 くれは。:言わずと知れた本ブログ管理人でアパルタメントの家主。ガレオン「LA-SE3P」の船長。副官うひょの脳なしぶりに呆れているが、自分が天然だということは棚に上げている。
 うひょ:LA-SE3Pの釣り担当副官。豪快な性格で女好き。いつかくれは。をモノにしようと考えているが、大抵口負けしている。着ている服装も含めてくれは。には逆らえず、半奴隷化している。
 ソフィア:没落した貴族の娘で、執事としてアパルタメントにやってきた。世間知らずでマイペースなところがあり、違う意味で多少のことには動じない。喋り方もかなりおっとりしている。
 ジャン:マルセイユの酒場の親父に紹介され、執事として雇われる。かなりの美男子で言葉遣いもしっかりしているが、徹底的にツキから見放され何かとトラブルに見舞われている。


 う~ん、やっぱり自分のアパルタメントというか家というのはなんだか落ち着きますねえ。航海の疲れが取れますよ。
 なあ船長、いっつも思うんだけどさ、なんで俺が船長の部屋にいなければならないんだ?ここは船長の家なんじゃないのか…?
 別にいいじゃないですか。どうせこんなだだっ広い部屋に一人でいたって退屈ですしね。部屋を飾るオブジェは多い方が見栄えがありますしね。
 俺はオブジェ扱いかよ…。…そういえば、あのオッサンはどうしたんだ?
 オッサン…?ああ、お掃除おじさんですか?あの人はちょっと休暇を取らせて田舎に帰らせています。あの人も変わってる人ですよね~。何回名前を尋ねても「執事でございます」としか言わないんですから。結局私、あの人のホントの名前を知らないんですよ…。
 執事だったのかよ、あれ!!
 …本人はそう言ってますけどね。誰がどう見たってお掃除おじさんですよね…。
 あの~。
 うぎゃっ!脅かすなよ!…誰だいあんたは?
 ああ、彼女は新しくこのアパルタメントで働くことになったソフィアさんですよ。
 はじめまして~。うひょさんですね?よろしくお願いします~。
 ………。
 うひょ君?どうしたんですか?
 ……お…おお…。
 ??
 おおおお女だ!この殺風景な部屋に一輪の花がーーー!!
 あはは、面白い人ですね~。
 今更何をそんな事で歓喜しているんですか…女ならもう一人ここにいるじゃないですか。
 船長はヘンなことすると後がコワイからなあ…うぉっほん。あー、ソフィアさん…ご機嫌麗しゅう。副官を務めておるうひょと申します。以後お見知りおきを…。
 ………。ぷっ。うひょさんって…面白い人ですね~。
 (ぱああぁぁ~~っ)お…俺、いや、私が……お褒めに預かり、至極…
 違いますよ…面白いカッコしてるって言いたいんですよ、彼女は…。
 うんうん。
 ……俺って…普通の服を着ることはもはやできないのか…?
ずごどげがん!!
 …なんだ今の音は…?
 ああ、多分もう一人雇った執事が戻ってきたんですよ。
 女か!?
 …なんですぐそうなるんですか、キミは…。残念でした、イケメンの青年ですよ。
 ちっ…つまんね~。
 いたた…ああご主人様、お戻りになられたのですね。おやこちらは…うひょ様ですね?お話はかねがねご主人様よりお聞きいたしております。ああ申し遅れました。この度雇っていただきましたジャンと申します。
 ほう。確かになかなか良いツラしてやがるぜ。この俺とも良い勝負ということにしておいてやろう。
 はい。ありがとうございます。
 いいですよジャン君、この子は甘やかすとつけ上がりますからね…。ところでさっきの音は?
 ああ、先程この建物に入ろうとしたら頭上から植木鉢が落ちて参りまして…。
 相変わらず薄幸ですね、キミは…。
 ええまあ、それはなんとか避けたのですが、避けた先にゴミ捨て場がありまして…。突っ込んだ拍子に今度は脇に立てかけてあったハシゴが私に向かって…。
 それでなんかヘンな臭いがするんですか!すぐ着替えてきなさい!
 は、はい…只今…。………ああああ!私の服に虫喰いがー!!
 ジャンさんって、いつも陽気な人ですよね~。
 ………ま、そう言うことにしておきましょうかね…。ん?どうしたんですかうひょ君?
 なんかさ…大丈夫なのか?このアパルタメントはよ…。
 私も不安なんですから…!そういうことは言わないで下さいよ…!
 どうしたんですか、二人で内緒話なんかして~?それではお茶でも入れて参りますね~。

 …とりあえず今回は執事2人の登場編ということで。また気が向いたらその後のアパルタメントの様子をお伝えしたいと思います…。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/21(木) 10:53:07|
  2. 管理人の大航海妄想劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

酒場にて

 なんだか妄想劇、書いてて楽しかったので前回の続きでも書いてみます。これからネタがなくなったら妄想劇を書くことにしようかなあ。

 ここの喧騒はいつ来ても心地いいもんだぜ。そう思わないか船長?
 「昼間から酒場かよ」とか言っていた割には呆れるほど飲みますよね…今何杯目なんです、それ?
 さあなあ、船長は今までに食べたパンの数を覚えているのか?…親父、おかわりだ!
 ……どこかで聞いたようなセリフですよね…。
 あいよ。それにしてもあんたもよく飲むねえ。くれは。もこんなのが副官だと食費がかさんで仕方ないんじゃないのかい?
 こんなのとは言ってくれるじゃねえか。俺も船長みたいに名前で呼んで欲しいもんだよなあ。今までにも何回もここに顔出してるだろ?
 そうか、悪いな。いつもあのカッコだからさ、俺の中では「仮面のヤツ」って事になってたんだよな。え~~~~…………。………。
 …うひょですよ…(ぼそ)。
 ああそうそう、うひょだなうひょ。そうだったそうそう。うんうん。
 …いいよもう…「あんた」でよ…。それよか船長、なんでミルクなんて飲んでるんだよ?船長もたまにはキツいの行ってみようぜ。
 いいですよ私は…アルコール苦手なんですから。
 そう言わずにさあ、飲もうぜ。きっと楽しくなれるからさ。
 私が飲んだら楽しくなるのはキミなんじゃないですか?鏡で自分のカオ見てみてくださいよ。鼻の下。
 ぎくっ!鼻の下って……ひょ、ひょっとして俺……はなげ、出てる?
 …そうじゃなくて……。ところで親父さん、何か面白い話とかないですか?
 ん~、面白い話?そうだなあ……そうそう、あんたこの間、造船所近くの海辺で仕入れ発注書、捨ててただろ?なんでそういう勿体ないことをするのかねえ。
 え、ま、だって、造船所の親父さんに貰ったロット、荷物が一杯で開けることがで…って、なんでそんな事知ってるんですか!?まさか私の後をこっそりつけていたわけではないですよね!?
 アホかあんたは。ここを見渡してみな。沢山の船乗り達がいるだろ?連中が色々と話をしてくれるのさ。別に俺が店をほっぽって外をうろつき回っている訳じゃないんだからな?
 アホで悪かったですね…。大体、なんで私の話がここで出てくるんですか…。他には何か面白い話はないんですか?
 そうだなあ…クリスティナはあんたのことをなんとも思っちゃいないようだな。
 親父さん…クリスさんが私に想いを寄せていたら非常にマズいような気がするんですが?
 俺俺!俺にはどうなのよ?実は俺に気があるとか、そういう話はないのかよ?
 まああんたは無理だな。前回来たときのあのカッコを見たら即座に「却下」とかなんとか言ってたぞ。
 ……船長ぉぉ~~。なんで俺の服はあんなのなんだよぉ~。
 泣くことないじゃないですか…。それに、あの服着ててもまんざらでもなかったでしょ?キミはアレがデフォルトなの。まあ、別のコーディネイトも考えてはいますけどね。それは次の副官のためのですから。
 なんだよ…もったいぶらずに教えてくれよ。場合によっちゃあそれと交換して貰いたいもんだな。
 まあいいですけど…トンスラとジレとリボンシューズとバイオリン、なんてどうですか?
 ………やっぱ今のままにしとくわ…。
  1. 2006/09/29(金) 10:26:31|
  2. 管理人の大航海妄想劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

うん…あのね…

 ネタがないないネタがない。あ、タイトルは全然気にしないで下さい適当ですので。あ~ネタがない。
 さあてどうしましょうかねえ。こういう時には必殺、管理人の妄想劇でお茶でも濁してみますかぁ?

 ネタがないないネタがない。あ~…
 船長、何さっきからぶつぶつ言ってんだ?
 え?ああ、いや!なんでもないんですようひょ副官。別に最近海に出てないな~とか、冒険してないな~とか、そういうことを嘆いているわけではないですからね?
 別にそんな事まで聞いちゃいねぇが…それにしても確かにヒマだよなあ。どうだい船長、ここはひとつ、気晴らしに町にでも繰り出してみないか?
 ふ~ん、珍しいですねえ、いつも釣りばっかりしているキミがそんな事を言うとは。
 いやなに、俺もたまにはよ、女を連れて町を歩いてみたいわけサ。道行く連中から浴びる羨望の眼差し…くぅ~、たまらんねえ。
 その「女」というのは、まさか私のことですか…?前回「色気もへったくれもない」とかノタマったのは何処の誰でしたっけ…?
 いやいやあれは勢いってヤツだよ。そういう細かいことは気にしなさんな。海のおと…じゃなかった、女たるもの、心は広く!母なる海のような包容力と安らぎを!
 何を訳の分からないことを言ってるんですか…。でもまあ確かにずっとここでぼけっとしているのもナンですしねえ。たまには陸にでも上がってみますか。
 おおっさすが船長!話が分かるぜ!そうと決まったら早速行くか!
 ちょっと!!
 …なんだよ。
 ……まさかそのカッコで行くつもりですか?仮にも「女」と一緒に町を歩くんですから。もっと普通のカッコして下さいよ…。
 これを着ろって言ったの船長だろ?ま、いいけどさ。

 (数分後)

 これでいいだろ?以前船長が着せてくれたチュニックだ。
 ……なんだか以前着せたときにも思いましたけどね、全く似合いませんよね、それ…。マッチョ体型には全っ然合わない。
 ひでえよ船長…。
 ま、別にいいですかね~。それじゃあ行きますか。
 よっしゃ行くかあ!!うひょひょ~るんるん。
 …この人、立ち直りが早いですね…。

 リスボンの町並みもそういえば久しぶりですよね~。
 なあ…船長よ…。
 なんですか?
 …後ろの…なんだアレは…。
 なんだアレって…何が?
 連中だよ!なんで名倉共がぞろぞろついてきてやがるんだよ!
 なんでって…みんなにも休みをあげないとダメじゃないですか。
 それにしても…なんで俺達の後をついてくるんだ?これじゃあ船長と二人でウヒヒな計画が…。
 また良からぬことを考えていますね、その顔は…隠してたって分かりますよ。ま、とりあえず名倉君達とまずは一杯、行きますか!まずは酒場へですよ!
 とほ~。…ってか、昼間からいきなり酒場かよ!!
  1. 2006/09/28(木) 10:11:23|
  2. 管理人の大航海妄想劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

くれは。船長とあんな事やこんな事 (注:管理人の妄想劇です)

 ……誰ですかっ、こんなタイトルを勝手に書いたのは!…さてはうひょですね?最近出番がないからって航海日誌にこんな悪戯を…!ちょっと、名倉君。
 「へい?」「へい?」「へい?」「へい?」「へい?」
 いっぺんに返事しなくていい!…名倉君、うひょ副官を呼んできて下さい。
 「了解でさぁ」「了解でさぁ」「了解でさぁ」「了解でさぁ」「了解でさぁ」
 行くのは一人でいいから!…もう、みんながみんな「名倉君」だとややこしいですねえ…1号とか2号とか番号振りますか…ああ来た来た、うひょ副官、ちょっとそこに座って。
 なんだよ船長、さっき釣り上げたマダイのことか?いや確かに妙に小さかったかもしれんが船員共に食わせるには充分だろ。いやそれにしても船長がマダイのポイントを知らなかったなんて話を聞いたときにはなぁ…うぷっ、うくくく…。
 そうじゃなくて!これですよこれ!これキミが書いたんでしょ?
 ああ、そいつか。俺もたまには副官らしい仕事でもしてみようかなと思ってな。日誌を書くことにしたのさ。とりあえず題名だけは書いたんだがどうにもこう、本文が続かなくてなあ…。
 ……それがなんで「あんな事やこんな事」なんですか?非常にこう、マズイ誤解を招きそうな気がビシバシにするのですが。
 いやいや、読者を集めるにはやはりタイトルに凝らなくっちゃあなあ。電車の中吊り広告とかでもえらいオーバーな、どう考えても過大広告だろ、っていうのがあるじゃねぇか。
 なんですかそのデンシャって…。私は別に自分の日誌で読者を集めようなんて思ってないですよ…。
 うん、まあアレだ、「あんな事やそんな事」なんて書いても、船長を知っている人間なら船長が色気もへったくれもないことはよく知ってるだろうからな、そんな目くじらたてることもあるまい?どがっはははっははっは。
 色気もへったくれもないは余計です!…まあキミが「副官らしい仕事を」なんて言うのも珍しいですからね。やってみるのもいいんじゃないですかねえ。
 おおっ、さすが船長、話が分かるぜ。
 但し!私の日誌に書き込むのはヤメて下さい!新しい帳面をあげますから、そっちに書いて下さい。
 悪ぃな。

 よう船長、とりあえず昨日の日誌を書いてみたんだがな、ちょっと見てくれねえかな?
 ああ、ちょうど今時間が余っているからいいですよ~。どれどれ…。
 きのうせんちようによばれた。まだいがちいさくておこられるかとおもったけどちがつた。せんちょうといろんなことのをかこうとおモったらおこられた。それからせんちょにいろけがないといつたらまたおこらた。なんでせんさょうはおこってばかりなんたろう。それからあたらしいのーとをくれた。やっぱセんちょうはやさしいな。 おわり
 ……ねえうひょ副官?
 おう。
 ……タイトルと本文にえらいギャップがあるように見えるのですが、気のせいですか?
  1. 2006/09/02(土) 18:39:34|
  2. 管理人の大航海妄想劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Twitter

FeedWind

RSS Feed Widget

カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。