紅き葉は舞い落ちれど
管理人くれはのオンラインゲームプレイ日記です。現在ファイナルファンタジーXIVをプレイしております。


本サイトは「STOP RMT!!」プラチナリボン運動に参加しております。
STOP!! RMT

プロフィール

多摩のくれは

Author:多摩のくれは
 どのMMOでもまったり過ごすことが信条。
 メインジョブが学者と黒魔道士、サブはナイトで、趣味は野良ヒール。
 IDは苦手意識が強いため主にフィールドを歩いている。
 自他共に認める天然なので、稀に意味不明な言動を取る恐れアリ。

カレンダー(月別)

03 ≪│2006/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリ

FFXIVプレイ日記 (37)
雑記 (67)
大航海プレイ日記 (396)
風の赴くままに (16)
バルシャで無寄港インド! (7)
くれは。世界を釣る! (13)
フィッシュハンターくれは。! (15)
管理人の大航海妄想劇 (4)
マビノギプレイ日記 (294)
イメンマハの水面に月は映える (13)
エリンを見つめる (52)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラピッドファイア砲10門が故障しました!

 さてさて、海事上げのためにジェノヴァに籠もり始めたくれは。です。本当は艦隊組んで多人数でやった方がいいんでしたっけ?でも町中にいるときに聞こえる艦隊募集のシャウトでは大体対象LVが20より上なんですよね~。それより下の場合はソロでやっている人が多いのかなあ?
 とりあえず海事上げをするにあたって、今まで無駄に持っていた剣術スキルを外します。元々は冒険時に陸上エリアで敵に絡まれた場合の保険として持っていたのですが、もうアフリカとかインドとかにいる敵には全く敵わないし、海上戦でも砲撃専門ですからねえ(たまにもつれて白兵することはありますが)。
 というわけで、剣術を外して空いた枠に弾道学を詰め込みます。今装備しているのがラピッドファイア砲30門なのですが…。店売りで買える砲の中では、貫通力と装填速度が高いのがウリなのですが、とにかく砲撃距離の短さがネックなのですよ。以前ガレオン5隻を相手にして疾風の如く沈んだときも、それがネックで相手には一発も砲撃することが出来ませんでしたから。
 準備が出来たら近場でこなせる依頼を次々とこなしていきます。その合間に造船造船。こういうことを延々と続けていると、ブログのネタに困るのです。今はまだいいんですけど、明日とか明後日とかになると突然更新されなくなって人々の記憶から消えてなくなることでしょう。
 ちなみに更新しなかった日、ここのブログのカウンターは1とか2とかしか回りません。

 で、私掠艦隊迎撃の依頼、いわゆる海事転職クエをこなしていたときのことです。いつものように狙いを定めて砲撃するわけです。
 「撃て!」
 ばき!
 ラピッドファイア砲10門が故障しました!
 故障!?故障なんて初めての体験です。ということは、今使えるのは20門?いやしかし故障ですからねえ。多分この戦闘で一時的に使えなくなっているのでしょう。この戦闘が終われば、また使えるようになっているに違いありません!
 そして戦闘終了。 ……。 …………。
 ラピッドファイア砲が20門しかないっっ!!これは「故障」ではなく「壊れた」と書くべきなのでは!?
 さてどうしましょう…あ、そうだ。確か銀行の金庫に予備の砲を入れておいたような気がします!助かりました!と、いそいそとジェノヴァに戻って銀行へ。…あれ。ラピッドファイア砲が…ない……?どうやら、私がラピッドファイア砲10門×3だと思っていたのは、ミズンフルリグドセイル×3だったようです…。なんたること!なんたる勘違い!
 それじゃあラピッドファイア砲10門を仕入れにロンドンまで行ってきますかね…。別にジェノヴァでバザーしている人からカロネード砲とか買ってもいいんですけどね、あの装填速度が気に入っているので…。何故か砲術スキルもあるので、無駄に撃ちまくりたい私にはラピッドファイア砲は魅力的だったりするのです。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/27(木) 11:35:53|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

また逢う日まで

 突然ですが、私くれは。軍人に転職いたしました。いや別にフレンドのsさん(仮名)から船大工転職クエを紹介して頂くまで待っててもよかったんですけどね。
 なんでいきなり軍人になろうと思ったかというとですねえ…またまた船の一覧を見ていたわけですよ。今回は乗る船を探していたわけではなくて、造船する船のアタリを付けようと思って見ていたんです。で、なにげな~く軍人用の船の一覧を眺めていたら…見つけてしまったんですよ、面白そうな船を。
 フリゲート。
 最近は無理して背伸びして大型船に乗らなくてもいいかな~などと考えるようになってきたのです。今乗っている小型ガレオンやピンネースなど、中型船にもいいところはありますしねえ。旋回とか旋回とか旋回とか。それに、中型船でもそこそこ速く航行できることも分かりましたし。
 で、このフリゲート。数値的には小型ガレオンとピンネースのオイシイところを持って行っている船のように見えるのです。航行性能や装甲は小型ガレオン並み、砲室数はピンネース並み。最近段々と「戦う冒険者」を目指そうとしている自分に気がついたくれは。でございます。しかも私の好きな横帆の船で更にスプリット付き(外観が)。スプリットが付いている船は個人的に大好きなのです(だからガレオンやピンネースに拘っているのです)。その上船尾砲も付けられます!逆に砲門数の関係上名倉の数があまり減らせない上に、船倉が若干狭いというデメリットもあるにはあるのですが。
 やっぱり軍船ですので、必要LVは海事が高め。LV21必要です。私の海事LVは現在15。というわけでようやく話が元に戻って、いきなり軍人に転職いたしました。この船に乗るためならば集中上げなどたやすいものです!いや、多分大丈夫。きっと……出来ると思います…。
 とりあえず、手持ちの船の中では砲門数の多いピンネースに乗り換え、速度よりも戦闘重視でセッティングを行いました。これから海事上げの特訓に入ります!ちなみにフリゲートを造船するにはR8必要です。自分で造船するとなれば、更に修行しなければ…。

 というわけで、大好きなピューリタンハットとはこれでしばしのお別れです。なんだか頭が寂しくなるなあ…とりあえず、カリブ土産のブーゲンビレアでも付けとこうかな…。

 懺悔:
 私がいるゼフィロスサーバー、今まで「Zephiros」だと思っていたのですが、ホントは「Zephyros」だったのですね…。今まで全く気がつきませんでした…。
 語源を調べてみたのですが、「Zephyr」という英単語を発見。(擬人化された)西風とかそよ風とかいう意味だそうです。ついでに他のサーバー名も調べてみました。
 「Euro-」単語の頭に付く連結形で、ヨーロッパの~という意味。何となくそれっぽいのでこれが語源?
 Notosについては語源になるような単語がよく分かりませんでした…まさか「notorious」ではないでしょうしねえ。英語が語源じゃないのかな?
  1. 2006/04/27(木) 11:23:43|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

腹筋マスター襲来!

 Notosの腹筋マスターとして知られるヴィッキー・ジントックさんが、なんと!来たるゴールデンウィーク、Zephirosに腹筋公演をしにやってくるそうです!
 これは!是非見に行きたい!
 ブログは以前から拝見しておりまして見たい見たいとは思っていたのですが、どうしてもリアルの都合上他サーバーに行くことが殆どないんですよね~。でもZephirosならばそこそこ自由に動けますし、これは是非とも見に行かねば。

 まあ…ゴールデンウィーク中にちゃんと休みが取れれば…ですが。子供もちゃんと寝てくれれば…ですが。
  1. 2006/04/26(水) 16:05:17|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついにアレを発見!

 少し前のアップデートからこっち、大航海を起動する度に思うのですが、

 これのせいで10分~15分くらい足止めされるんですが…どういうことですかこれは!以前はこんなメッセージ見たことなかったのに!でも商会メンバーに話を聞いてみると「そんなことはない」という返事が返ってくるし…ファイアーウォールの設定とか見てみた方がいいのかな?

 さて、以前から受けていた依頼というのはこれです。

 これは!ピラミッドですよ!他のブロガーさんの記事を見ながら、私も早く見てみたいと切に切に願っていた、ソレですよ!これは決して破棄したくないのでず~っと取っておいたのですが、今回ようやく調査に向かうことが出来ます。これで私もドラゴンハンターのみならず、ミステリーハンターの仲間入りです!というわけで早速カイロへ。酒場の親父さんに話を聞いてみます。

 いや、「ピラミッドという建物だろう。」って…タイトルにしっかりと「ギザのピラミッドの調査」と書いてあるのですが!何をボケていらっしゃる!
 言われた通りにアレクサンドリアに向かって本を読みあさったら、いよいよピラミッド発見に向かいます。上陸地点から奥地に入ると…

 これは!スフィンクスですよ!他のブロガーさんの記事を見ながら、私も早く見てみたいと切に切に願っていた、ソレですよ!…で…ピラミッドはいずこに?観察スキルを発動してみるとまだ奥のようです…早く見てみたいな~とうずうずしながら奥へ奥へ。そして…

 これは!ピラミッドですよ!他のブロガーさんの記事を見ながら、私も早く見………これはそういえばさっき書きましたね…。
 このSS、最初は一旦近くまで寄ったんですがあまりにも巨大すぎて画面内に収まらず、目の前の広場(?)の反対まで移動して撮ったのです。それでもこんなに巨大な画像に…。さてそれでは入り口に移動してみましょう。

 あまりにも有名なラミアお兄さんがいらっしゃいます。一応この位置からでも視認は出来るようなのですが、どうせなら入り口近くまで行ってみたい!というわけで。

 お兄さんの視線に入らないよう、背後に回り込みます。その隙に視認を!と思っていたのですが、ラミアお兄さん、すぐにこっちを見ようとするのでその度に背後に回り込むということを繰り返すことになってしまい、なかなかうまくいきません。そんなことをしていると…

 私がラミアお兄さんと戯れているのを見かねたのか、見知らぬ方がラミアお兄さんに戦いを!これは素晴らしいシチュエーション!彼の犠牲は無駄にはいたしません!いや死んではいませんが!この隙に視認を!

 すぐ後ろでソウゼツな戦いが繰り広げられる中、ギザのピラミッドを発見いたしました!これもひとえにこの見知らぬ方の犠牲があればこそ。いや死んではいませんが。一言お礼を…と思ったら、既に遙か彼方を走り去って行かれるところでした…。この場には私とラミアお兄さん二人きり。
 …さ、色んな意味で身の危険を感じるので帰ろうかな…。

 ピラミッドも発見したことですし、ようやくイースターエッグを進めようとヴェネツィアにやってきました。その話はまた今度にします…が、とりあえず出航所役人にこんなことを言われました。

 え!?この間のボートレース、68人中17位!?それはおかしい。小型ガレオンごときにそのような成績を出せる筈が…。でも正直なところはやっぱりウレシイですけどね。
  1. 2006/04/25(火) 11:33:53|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやくイースター…ではなくて

 さて、それではいよいよイースターエッ…の前に…ヴェネツィアに立ち寄ったときに見つけたヴェネツィア→サンジョルジュのボートレースに出場してみることにしました。やはり最速を追い求める身としては、現在の自分の力量を常に把握しなければなりません。まずは己を知れ。大事です。
 そんなわけでやって参りましたヴェネツィア。船は長距離航海に耐えられるよう小型ガレオンの「SE-02」に乗り換え。装甲と砲を外して砲弾を捨て、水を大量に積み込みます。それでは出航所役員にエントリーして、スタートです!

 ……え~、途中特に面白いこともなかったので、ずいずいっと省略してサンジョルジュ到着です。というわけで、今回の私の成績発表。

 13位…普段ならば「小型ガレオンで13位」というとかなり驚異的な成績なのですが…どうも今回は腑に落ちませんねえ。ヴェネツィアを南下するときは追い風なのですが、地中海はやや向かい風気味、ジブラルタル海峡からラスパルマスまでが追い風気味とはいえ、そこから先はシエラレオネ付近まで延々向かい風なのです。しかもアフリカ方面ということでNPCに絡まれないよう、かなり沖合を航行していたので大分大回りになっているはずなのですが…。
 ちなみにこの時点でのランカーの成績はこちら。


 私の成績とは格が違いすぎます…これが真のスピードマスターですか!それにしても…出来ればこれ、「○人中○位」くらいの表示は出して欲しいんですけどね…。自分が一体どのくらいのランクにいるのかがよく分かりません!
 というか、今イースターエッグハントの真っ最中なんですから、ボートレースなんてやっている人は殆どいないのでは?実は総参加人数が13人とかだったら泣けてきますね…。

 今回の航路です。地中海はいいのですが、ジブラルタル海峡を過ぎた辺りからNPC襲撃を避けるために大陸から距離を置いた航路を取っています。海事LVが高ければそんなものにも出くわさないのかも知れませんが…。
 穀物海岸沖に入るとなにやら妙な航路を取っていますが、ここでは風が南と南東の間から吹き付けてくるので、真っ直ぐ南東に進むことが出来ないためです。この辺はもうちょっとNPCに捕まらないところまで大陸に接近してもよかったかなあ。2~3日くらいは短縮できるかも。

 ボートレースの結果を検証した後は、おまかせ回航でリスボンまで戻りました。さて、それではいよいよイースターエッグハ…の前に!以前から受けて放置していた依頼を先にこなしてしまいましょう!これは絶対に破棄したくない依頼ですからねえ。報告は次回にて。
  1. 2006/04/24(月) 11:11:58|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

実は商会員よりも会っている?

 さて、それではいよいよイースターエッグハントを開始しますか。ログインするとそこはナポリ。ここからどこかの国の拠点に移動しなければいけませんが…とりあえずヴェネツィアに向かうことにしました。あともう少しでヴェネツィア到着というところで、フレンドのsさん(仮名)からTellが。なにやら砲術家転職クエなるものが出たそうなので…マルセイユで。
 はいマルセイユ。
 ヴェネツィアに到着したら造船所の親方に注文書だけ渡して、補給してすぐ出航。魚は捌かずに丸のまま、交易所のオッチャンに二束三文で押しつけてきました。
 ヴェネツィアを出航してアドリア海を南下していきます。途中商用大型ガレオンとすれ違ったんですが…なんだか真っ直ぐヴェネツィアを目指している様子。…あれ遅くならないんですか?私の船であんなことをしてしまったらバルシャよりも遅くなってしまうんですが…。いや大型ガレオンですからきっとピンネースとは訳が違うんでしょう。うんうんそうだそうに違いない。いいなあガレオン。………ホントに遅くならないんですか?
 そしてマルセイユ到着。sさん(仮名)とご対面です。転職クエを紹介してもらって早速ダヴィンチ先生の家へ。この依頼、弾道学が5と水平射撃が8必要なんですが、私両方ともスキルがありません。しかしsさん(仮名)のおかげで無事チェックを通りました。先生に何回か話しかけたら依頼完了です。
 というわけで転職証「砲術目録」を頂きました。sさん(仮名)とはここでお別れ。いつもお世話になりっぱなしです。いつか恩返しできる日は来るのでしょうか。
 さてこの「砲術目録」は…ひょっとすると後で海事上げするかもしれないし、私は砲撃メインなのでそれまで取っておこうかなあ。…と思ったのですが、後でよくよく調べてみたら、砲術家になるには海事LVが28ないといけないんですねえ。
 ……私の海事LVですか?
 …………聞きたいですか?
 …とりあえずその~、ガレオンに乗れるくらいには…。

 そうそう、ヴェネツィアに行ったときにボートレースが開催されているのを見つけてしまいました。
 よし!
 これは是非参加しなければ!とはいっても、メインフルリグドの変更もあるし、乗っている船がアレですからねえ。とりあえず今回は順位は関係なしに、純粋に自分の速さを見極めるという趣旨で参加してみることにしましょう。イースターエッグはその後にしようかなあ。
  1. 2006/04/21(金) 20:16:20|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

突然思い出した失敗談

 初心者の頃というのは色々と失敗をしていたと思うんですけど、突然思い出した失敗談を二つばかり書いてみたいと思います。

 今は定住することもなくあちこちふらふらと彷徨っているわけですけど、やっぱり初心者の頃は首都リスボンにいることが多かったわけです。で、ある日背中に銃を背負っている人を見かけました。「おお、なんかカッコイイ」と羨望の眼差しで見ていたのですが…。暫くしてセビリアに寄ったとき、依頼を受けるついでにお店に寄ったら銃を売っているのを発見したわけです。
 おおっと!これは!これを購入すればあの人みたいに銃を背負ってカッコヨくなれる!というわけで即座にその「アルケブス銃」を購入。初心者の私にはちょっと値が張りましたが満足満足。さて、それでは早速装備画面を開い……。……………。
 今買った筈の「アルケブス銃」がないっっっ!!
 この時初めて、交易所で買った品物は交易品以上でも以下でもないということを知りました…。

 とある冒険の依頼を受けました。何の依頼だったかは忘れてしまったんですが、情報を集めに酒場の親父さんに話を聞くと、「書庫に行けば何か分かるかもな」とのこと。早速書庫に向かうと、みんなの人気者の学者さんがいます。学者さんはひとしきり情報提供してくれると、「私の蔵書を調べてみてはいかがでしょう」とのこと。
 蔵書というと…ここにずらっと並んでいるこの棚に収まっている多数の本ですか?
 ひえ~。
 この本のどれかに手がかりがあるわけですか…。いいでしょう!虱潰しに探して見事見つけ出してご覧に入れましょう!というわけで…。
 本棚の前に移動して探索発動!ぴかーん、くるくるくる…ぶぶ。うぬ。ここではないか。よし次の本棚!ぴかーん、くるくるくる…ぶぶ。むむ、ここでもないか。よし次の本棚!ぴかーん、くるくるくる…ぶぶ。ぬう。よし次!ぴかーん、くるくるくる…ぶぶ。むう…ここでもない…あ、行動力切れちゃった。酒場に行ってこよっと。
 さてそれでは探索の続きを。ぴかーん、くるくるくる…ぶぶ。なかなか出ないですねえ…。ぴかーん、くるくるくる…ぶぶ。それにしてもここにいる人たち、学者さんに群がって何してるんでしょうね…。ぴかーん、くるくるくる…ぶぶ。むう、これは最後の最後で出るというパターンかなあ?ぴかー(以下略
 結局何か出るわけもなく、書庫を後にしました。学者さんに話しかけて「閲覧」ボタンを押すということを知ったのはそれから暫くしてからです…。
 ちなみにこれはリスボンでの話です。書庫の中は大変賑わっておりましたねえ。
  1. 2006/04/21(金) 10:33:15|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イースターエッグハントですよ!

 ちょっと出だしが遅れてしまいましたが、いよいよイースターエッグハント開始です。思い起こせば一年前の連休直前、この大海原に生を受けた私。実はくれは。は元々セカンドキャラで、このとき操っていたのはファーストキャラの「うひょ」(男)でした。しかし、当然始めたばかりではアフリカやインドなど行けるはずもありません。偶然見つけたブログでイースターヘアの場所を知るも、「え?○○ってどこ?……(調査中)……インド!?インドってどうやって行くの!?」といった状態。結局、始めたばかりの自分が行けないことが判明すると「初心者お断りですか、ハイハイ」と途端にやる気を失って放置してしまったわけです。
 彼の時の恨みを今まさに晴らさん!!
 いや、恨みというか、悔しさというか…。でももうカリブにも行けるようになりましたしね。ばっちりですよ。というわけで、早速ログインです!

 …え~と、ログイン………私まだ会社にいるんですが?どうしたことでしょうこれは。今頃はこんな日記なんて書かずにもうPCに向かって大航海時代にログインし、商会の皆さんに「こんばんは~」とか挨拶を交わして早速教会に向かっている筈なのですが。会社には私一人。寂しい!非常に寂しい状態。というか眠い!誰もいないのをいいことにこの日記を書きましたが、もはや投稿する気力もありません。寝ます。じゃなくて!仕事します!徹夜で!

下記の日時において、「紅き葉は舞い落ちれど」の筆者に接続障害が発生し、投稿できない状態となっておりました。
ご利用のお客さまには、ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。
日時:4月19日(水) 23:13 ~ 4月20日(木) 12:53

 ……今日は早く帰ろ…。
  1. 2006/04/20(木) 18:26:29|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

造船シミュレータが…!

 なんだかふらふらとネット上を徘徊していたら、こんなページを見つけてしまいました。
 Eurosのとある商会の方がデータを持ってきて(引き継いで?)再現したようです。どのような経緯なのかはよく分からないのですが、とにかく非常にありがたいことです。これからはこちらを参考にさせていただくことにします。
 ただし!
 私は今ブラウザにOperaを使っているのですが正常に動きません…。IEでは動くようです。Firefoxは…どうなんでしょ?
  1. 2006/04/19(水) 22:48:53|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

100の質問

 とあるブロガーさんがやっているのを見つけて、私もやってみました。結果はこちらから。
 なんだか仕事が忙しくて変にダルいので暫く日記はお休みするかもしれません…。なるべく書こうとは思いますけどね。

 ああそうそう、造船がR3になりました…以上。
  1. 2006/04/19(水) 20:16:59|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

のっけからすいません!

 以前の日記で書いたZephirosブロガー交流会、開催することが決定したようです。おお~。ぱちぱち。
 それなら是非!ということで参加表明をしようと思ったのですが、私の場合ちょっと問題点がありまして…。うずらんさんのところのコメントに書くにはちょっと内容が長くなりそうなので、この記事からトラックバックしたいと思います。

 ここからはリアル日記入ります。
 以前にもちょろっと書きましたが、私はこのBlogを開設する以前、やはり大航海時代Onlineのプレイ日記を書くために別のBlogを立ち上げていました。で、リアルで子供が生まれる関係上プレイする時間が取れなくなるだろうとの判断から一度大航海時代を引退し、そのBlogも閉鎖しました。そして現在子育てにも慣れてきて、予想に反して僅かながら時間も取れるようになったので、大航海時代に復帰し、こうやってBlogも開設した訳なんですが…。
 夜泣きの対応は嫁さんがやると主張してくれるため途中落ちすることはまずないのですが、その代わり私は、嫁さんと子供が寝室に入って寝るまでは一切ゲームはしないと決めています。…というと聞こえはいいですが、要は嫁さんに内緒で大航海しているのです…。嫁さんが寝るのはだいたい夜の10時から11時くらい。その後ログインすることになるので、私が出没するのは早くて夜の10時くらいなのです。

 というわけで本題。「【仮題】大航海時代Onlineブロガーズ・フェスティバル in Zephyrous」の仮決定?した開催時間は、20:00~22:00くらい。しかし!私がログインしたら、余韻の模擬戦をしていたとかそんな記憶を呼び覚ます状態になっていそうな気がビシビシとします!
 まあうずらんさん自身や他の参加する方々の都合もありますし…。とりあえず見守り、ということで。
  1. 2006/04/18(火) 21:52:36|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

Zephirosブロガー交流会参加者募集中?

 以前Eurosでブロガー交流会があったそうですが、私はというと「時間がない」「Eurosにお金を持ったキャラがいない」というわけで参加を見送らせていただきました。こういうのって1回出てみたいんですけどね~。
 …と思っていたら、来ましたよ…。うずらんさん「人数集まるのならやってみようかなあ」といった趣旨の声明を発表されました!

 素晴らしい!

 是非とも参加させてください!………あ~、時間が合えば参加させていただきます…。
 でもホント、今までBlogを書いていながら他のBlog書きさんとゲーム内で交流した記憶が殆どないですからね~。カッパさんへたっぴさんとそれぞれ1回会ったっきりかな?
 とはいえ、ただ参加するだけではなんだか申し訳ないですよね~。何かイベントをされるのであれば、その景品に何か持って行く…とかくらいしかできないかなあ?私が用意できるのって…………マグロくらいしかないや…。
 あとは何かイベントを考えて提案してみるとか…ゲーム内で思うように動き回れない分、そういう方面でのサポートなら出来るかもしれませんねえ。何かいい案が思いついたら提案してみようかなあ。時間があれば…。
  1. 2006/04/17(月) 21:22:16|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

無謀なことに挑戦!

 いきなりものすごいタイトルにしてしまいましたが…私ことくれは。
 造船に挑戦したいと思います!
 いや別にそれで商売をしようとか、そういうことではないのですよ。ただ何となくやってみたいな~と漠然と思っただけなんです。もちろんまったりが信条のこのワタクシ、いわゆる「○○オンライン」状態のキッチリ修行など出来るわけがありません。いつものまったり航海のついでに親方に発注をかけるという、かなりやる気のない修行状態になること間違いなし。
 というかですねえ、私のリアルのイン状態では集中して造船修行ということが出来ないのですよ。それに集中上げしていると私の場合飽きそうですしねえ。冒険航海をしている裏でいつの間にか造船修行みたいな流れなら、確かにかなり効率は悪いですが私でも出来るかなあと。
 ちなみに目標はピンネースが造船できるR4、そして改造が出来るようになるR5ですね。もし出来ればガレオンが造船できるR9、更に気の遠くなるような先の話だと思うんですがR15。実はピンネース、-16%減量でないと旋回が上がらないらしいのです…。
 さてでは早速スキルを習いに行くとしましょうかねえ。

追記:
 今更な情報かもしれませんが…造船屋さんも、そうでない方も、おそらくかなりの方が参考にしていたであろう「倫敦第三造船所」さんが閉鎖されることとなったようです。
 私がかなりやる気のない動機とはいえ造船に挑戦するにあたり…いや、もっとそれ以前からも、「この船を最速仕様にしたらどうなるかな~、ガレオンとかどんな感じの船になるのかな~」と色々と参考にさせて頂いていたサイトだっただけに、閉鎖が残念でなりません。しかし、管理人さんのリアルあってのサイトだったわけですから。こればかりは仕方がありませんね。
 管理人さん、今まで本当にお疲れ様でした。
  1. 2006/04/17(月) 15:39:02|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

あ~、大海戦?

 さて、副官うひょの服を探しにあちこち行っています。テーマは「くれは。とペアルック(ペアルックなんて言い方今するのかなあ?)」。ネタに走ろうかななどと思いもしたんですけど(例えば…ズールーウォーリアー+アラビアンシューズ+白グローブ+鉄仮面+六分儀とか…)、まあそのうち飽きてきたらやるかも。リスボンで簡易望遠鏡とレースアップブーツ、オポルトでグローブ、ロンドンまで行ってピューリタンハット。あとは服なんですが…どうしようかなあ。ガンドゥーラはこの人「絶対嫌だ」とか言って拒否しますからねえ。このガンコ者め。とりあえず、以前よく着ていたベルベット製チュニックを買いにジェノヴァへと向かいます。
 ところで今更ですが、町に入る度にカードを取得するようになりましたねえ。まあもちろん、一つの町に1回限りなんですけど。依頼の発見物もまた見つけるとカードが貰えるようなので、今までこなした依頼もまた受けることになるんですね。欧州に帰ってきたら先日取った宗教学だの美術だのの依頼も出るようになったし、私はまだまだやることがたくさんありますね~。なまじまったりプレイしている分、今回の大航海ライフは息の長いものになりそうです。

 んん、大海戦?
 あ~、すいません、今回はお休み。最近リアルで大海戦がある日に家に帰ってくると、大海戦ではなくて終了後の模擬戦やってますから…。
  1. 2006/04/14(金) 14:28:11|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒鯱は即座に

 さてその後ハバナも発見して、アルお坊ちゃまが散々「行こうぜ」と言っていたサンファンへと向かいます。そこでイベントを進めた後、再びサントドミンゴへ。どうやらこの辺でカリブ編は終了…なのかな?ROTA NOVAの約束の言葉も聞いたので、後は欧州に帰って景品を頂くだけです。
 全然関係ないんですが…。うちの副官に服を着せてあげようかと思ったんですが適当な服が売っていなかったので、試しにブーゲンピレアを勧めてみたら即座に断られました…。いいじゃないですか、シャレでちょこっとだけ付けてくれたって。
 さてそれではサントドミンゴを出航!と海に出た途端イベント発生。イスパニアの「海賊狩りの黒鯱」ことバルタザール氏登場です。どうやら彼と一緒に戦う戦闘イベントのようなのですが…試しに話を進めて戦闘に入ってみたところ、いきなりガレオン5隻が目の前に!

 はい。

 そのまま突っ切って戦闘領域を離脱してきました…。絶対無理!あんなのまったり冒険者がどうにかできる相手ではないですよ!
 一旦サントドミンゴに戻ってどうしようか思案してみます。商会チャットでオさん(仮名)ともご相談。「大丈夫大丈夫、結構ヤワいし砲撃も大したことないですよ」というオさん(仮名)に対し、「戦闘LV15なんですけどOK?」と確認してみると、「じゃ~~~」だったか「びゃ~~~」だったか、なにやら某格闘漫画の断末魔を彷彿とさせる不可思議な悲鳴が。私の戦闘LVがもっと高いものだと思っていたらしいです…。乗っている船がピンネースで鉄板を貼り付けてあり、店売りのラピッドファイア砲30門を装備してあることを伝えると…「ま、まあとりあえず戦ってみてからということで」とのことです。まあ…そうですね。何事もやってみなければ分かりません!冒険者くれは。カリブの海に華々しく舞い落ちてご覧に入れましょう!
 意を決してサントドミンゴを再出航。バル氏との会話を経て戦闘に突入です!まずは戦闘領域を見回してみると…バル氏の周囲にガレオン5隻が集まっています。とりあえずバル氏が勝手に撃退してくれないかと期待して見守ってみますが………よくよく見てみたらバル氏、乗っている船がキャラック!なにゆえ!ガレオン5隻の集中砲火を浴びて、即座に沈んでしまいました…。使えない!全く使えない!バル氏はいつから雑魚キャラになったのでしょうか!
 目の前の獲物を沈めたガレオン5隻がこちらに向き直り、ゆっくりと進んできます。ううう、こうなったら腹をくくってやってやりますとも!

 とりあえずバル氏を凌ぐほどの勢いで沈没した後は、すごすごとサントドミンゴへ帰還。大海戦が終わったらオさん(仮名)に手伝って頂けるそうなので…その時は是非お願いします…。

 カリブでやることはやったので、欧州へ帰ることにしましょう。ついでにリスボンへの航路開拓を受けて出航。来るときは向かい風でしたが帰りは追い風。気持ちよく船は進んで故郷リスボンに帰ってきました。
 ROTA NOVAの景品も頂きました。金紋章(春)です。私が今付けている銀紋章の色違いですねえ。私の船は色合い的に銀の方が合いそうですが、せっかくなので暫く装着してみることにしましょう。
 さ~て、それでは副官うひょの服を探すべく買い物の旅にでも出かけますかね~。
  1. 2006/04/13(木) 17:30:48|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アップデートについて

 皆さんアップデートについての検証記事やツッコミ記事など、色々と書かれているようなのですが、私はとりあえず一つだけ。
 ほかのBlog書きさんが書かれた記事を見て私も知ったのですが、メインフルリグドセイルの性能が大幅にアップしたとのこと。おお~、先日補助帆を補充するためにバザーで買ったばかりですよ。3本買った中にメインが1本だけ入っていたので早速使ってみることにしましょう。
 ところが!
 このメインフルリグド、性能アップ!と同時に価格もアップ!したという噂も。メガ単位で。私のような貧乏冒険者には手も足も出ませんよ…。今持っている1本を使いきってしまったら、もはや気軽には買えません…。
 おそらく皆さんは3本もしくは4本のマストにフルにびしっと装着されてかなり速くなるんでしょうねえ…。あぁ…くれは。最速伝説がまた遠ざかっていく…。うわーん。
  1. 2006/04/13(木) 14:57:56|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カリブへやってきた!

 さて、それではいよいよカリブに向けて出発です。まずはマディラまで船を進めます。ここでやることは、装甲の装着。フレンドのsさん(仮名)から頂いた、(私にとっては)貴重な剥削鉄板を取り付け。ちなみにこの時点で、なぜか小型ガレオンからピンネースに乗り換えています。いや、たまにはちょっと大砲を撃ってみたいなあと…。なら大海戦に出ろという声もありそうですが。大海戦といえば、そろそろマグロ釣りをしないといけないのでは?というか、今回我らがポルトガルってどうなるんでしょうか?投票で対象港から外れた場合…まあ普通に現場でマグロ売りすればいいのかなあ。今回は値段どのくらいにしようか…って、あれ。
 話がどんどん傾き始めているようなので元に戻すと、ピンネースに鉄板を貼り付けて準備万端、いざカリブに向けて出航するわけです。最初の目的地はサンファン。順風満帆です。マディラ沖からカナリア沖をかすめるように、北大西洋に入ります。そうしたら!
 思いっきり向かい風。
 ほぼ真西から延々と風が吹き付けてきます。なんだこれはー。結局、いつものジグザグ走法で西を目指すことに…。船倉が一杯になって釣りもできなくなり、少しずつ飽きてきた頃にようやく群島がマップに見えてきました。おおお、ついにカリブにやってきたぞー!そして視界にも島が見えてきた…って、なにやら「小型ガレオン」のNPCがうろついているのですが…大丈夫なのかこれは?と思った瞬間に襲われました…装甲付けておいてよかった~。

 なんとかNPCをまいてサンファンに到着です。一通り町の中を見て回ったら、次なる目的地のサントドミンゴへ。入港した途端、

 アルお坊ちゃま登場。ここでまた暫く彼と一緒に行動することになるのかな?私はちょっと新しい町を発見しようとこれから西へ西へと向かうのですが、彼は「東のサンファンに行こう、東に!」とせき立ててきます。ちょっと待ってくださいよ、今この町を発見してガッツポーズとらなければいけないんですから…。

 というわけで、ガッツポー…じゃなかった、サントドミンゴ発見。お次は西のジャマイカへ向かいますよ~。

 ジャマイカ発見です。
 「東に行こうぜ、東」
 ちょっと!まだ未発見の町があるんですから行かせて下さいよ!

 サンティアゴ発見。
 「だから東に…」
 アルさん…ちょっと黙ってて貰えますか?
  1. 2006/04/12(水) 14:23:23|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ああそうそう

 すっかり書き忘れていましたが、ポルトガルイベントをどんどん進めていてようやくカリブへの入港許可が下りました。これでようやくサントドミンゴなどへ行くことができます。
 ほら、例のROTA NOVAの約束の言葉ですよ。あれをコンプリートすると、……何か貰えるんでしたっけ?まあなんだったか特典があったような気がするのでちまちまと進めていたんですが、最後の一人がカリブ方面らしいんですよね~。これでコンプリートできます!
 というわけで、ポルトガルイベントの為、そしてROTA NOVAの特典の為に頑張ってカリブへ行って参ります!
  1. 2006/04/12(水) 11:51:37|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緊張感溢れる艦隊行動

 ちょっと何だったかの依頼(本Blogではクエストのことを依頼と書くことにしています)をこなしにサロニカに向かっていたんですが、商会メンバーで組んでいたらしい艦隊からお呼びが。なんでも、ラムセス2世のうんたらかんたらとかいう依頼を受けるため、まだそれを受けていない人を探しているのだとか。発見物がアブシンベル神殿だということです。どうやら私はまだそれをこなしていないようなので、現在受けている依頼を放棄してイスタンブールへ向かうことにしました。

 というわけで、イスタンブールの冒険者ギルドにて皆さんと合流。すると、

 元商会員のへさん(仮名)が。一目見ただけで誰だか分かります。おおお、お久しぶりですね~。するとおもむろに依頼斡旋書を「ぽん」と渡され、「それを連打でw」…あい、頑張ります…。仲介人に向き直っていざ!と意気込んだものの、斡旋書を2枚消費しただけであっけなくクエ出し完了。残りの斡旋書はなんと頂けることになりました!ありがとうございます!また機会があればお会いいたしましょう。
 …というかですねえ、へさん(仮名)もそうなんですが、私ここにいらっしゃる商会メンバー、みんな初めて会う人ばかりなんですが…。商会長さんにだって今回初めて会ったくらいです…。

 というわけで、依頼を進めていきます。なんだかあちこち行かされましたねえ…アレクサンドリア、ヴェネツィア、それからナイル上流…だったかな?ヴェネツィアからナイルへは追い風ということで私が先導したのですが、ナイルを上っている最中、コーナーでインを突きすぎたら後続船がクラッシュしてしまいました…。先頭が通り抜けても後続が引っかかることがあることを、この時初めて知りましたよ。ううう、ごめんなさい…。

 さて、上陸したら商会長さんに追尾して移動。さらに奥地に入ると…

 いきなり目の前に水が!遠くの方には遺跡らしきものも見えます。テレビとかでも見たことありますね。とりあえず近くまで寄ってみました。

 なんだか壮大です。ここに座っているのは歴代のファラオ…でしたっけ?妙にお行儀よくちょこなんと座っているのが可愛らしいと言えば可愛らしい。そして神殿前にはお約束の三連星が。今回の依頼はこの遺跡自体の発見であるため、遺跡の外で視認を行います。視認場所は、

 隣にあったコレ。まあ…三連星の目の前ではないのでいいと言えばいいんですが、どうせならあっち側の神殿前がよかったなあ…発見のSSも絵になりそうだし。

 とりあえずということで全景も撮ってみました。一部ハダカの人がいるような気がするのは気のせいでしょうか?ファラオや神官がコレでは、一般庶民はいったいどういうカッコをしていたのでしょうか!?非常に気になるところです!
 というわけでいよいよ視認ですが、私はスキルが足りないので商会長さんにくっついて発見することにしました。そして視認!

 …すいません、商会長さんの顔が切れてしまいました…。発見のSSの絵を気にしている割には岩壁が背景になっていますし。
 せっかくここまで来たのだからということで、神殿内にも入ってみることにしました。中は一体どんな感じになっているのかな~?とわくわくしていたんですが、部屋が一つだけ…。なんだか豪華な外造りに対して中身が寂しい造りの神殿です。皮がやたらと分厚くてあんこがちょびっとしか入っていないお饅頭を思い出します。

 この台座がなんだか非常に気になるのですが。「!?」とは一体。某漫画雑誌で多用された、ルビを振って緊張感を漂わせようという技法なのでしょうか。

!?
!?
 こんな感じで振っておけば、まったりな私のBlogも緊張感溢れる冒険活劇に生まれ変わるかもしれません!
!?
  1. 2006/04/11(火) 13:54:02|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今更ながら気が付いた!

 本Blogの「紅き葉は~」でも以前のBlog「もみじ。じゃないよ~」でも、私は延々ピンネースと小型ガレオンに乗っていたわけです。で、目下の目標としてはガレオンに乗ることを目指していたわけなんですけど、今現在冒険LVが27。35まで行くのにこのまったりペースでいったら一体いつになるのやらといった感じです。う~ん、もうちょっとこう、なんとかならないかなあ。
 で、たまたまネットを徘徊していたら帆船Wikiを見つけて暫く読み耽っていました。キャラベル、キャラック、ガレオン、フリゲート…。そこでちょっと面白いネタを発見。ガレオンというのはキャラックをベースに開発されたんだそうですね。ふ~ん、だから形がなんとなく似ているんですかね~。
 キャラックですか…そういえば私もキャラックに乗っていた頃がありましたねえ。もう相当前の話ですが。キャラックから大型キャラベルに乗り換えて、なんだか速度に難があったからということで横帆仕様にしてみたり色々試して、結局ピンネースに乗り換えたんでしたっけ…。

 ……あれ。横帆仕様?

 今更ながら気が付きましたよ!横帆仕様にすればいいんじゃないですか!今の私のレベルなら、大型キャラックに乗れる筈。これを完全横帆仕様にすれば、今乗っている小型ガレオンやピンネースと似たような船になるのでは?横帆でも似合いそうな船体ですしねえ(これ一番重要)。復路の喜望峰沖とかみたいに、向かい風の上に風向きがころころ変わるようなシチュエーションでは、一時的に縦帆仕様にしてみるとかもできますしねえ。私のポリシーからはちょっと外れてしまいますが、向かい風の紅海を北上する時とかはかなり便利そうです。…向かい風のアドリア海は別にどうでもいいんですが。
 というわけで、知り合いで造船できる人にでも頼んでみますか。特殊兵装のスロットも一つ増えるので追加大スパンカーをもう一つ付けられるし、船尾砲も付けられるんですよね。更に砲門数もピンネース並みになる上、装甲値は小型ガレオン並みに。必要船員数が増えてしまいますが、船倉が広いので現在小型ガレオンでやっている「連続60日航行」分の水も置けるようです。ただ一つ、旋回が9しかないんですよね…今付けている補助帆を3つ付けると、旋回がたったの3になってしまいますが…まあそれはガレオンも同じなのでとりあえず乗ってみてから使えるかどうか判断しますか…。一応操舵スキルは入れてあるんですけどね。
 よしよし、欧州に帰ったら早速造船を頼んでみるとしましょう。
  1. 2006/04/09(日) 21:18:00|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

胡椒木下…ではないですからね

 今回はポルトガルイベントについてのネタバレが含まれる可能性があります!注意!

 ポルトガルイベント続行中です。まああちこち行かされたインド方面ですが、どうやら話の続きは再び欧州で行われそうな雰囲気です。すると、なぜかインド遠征隊でもない私に指令が下されます。「胡椒100袋を納入してマディラの商館に収めよ」…何故に私が?というか、100袋って!スピードのみを追及した私の船に、そのようなストレージがあるとでもお思いですか!?最速を目指す走り屋ならば、マシンの軽量化は当たり前!究極には快適装備ですら取り外すのです!…いやすいません、別の世界の話です…。しかし似たようなことは私の船でもやっていますので。それにしても100袋とはまた…水の量を減らしてちまちまと寄港しながら行くしかなさそうですねえ。
 というわけで、イベント専用仕入れ発注書を頂いたら、カリカットの人気者サンジャイ氏のお店へ。そうしたら…このお調子者ときたら「出血大サービスだ!」とかなんとかのたまわって、更に50袋も上乗せしてくれようとします。いやですから!商人だったら嬉しいことこの上ないんでしょうが、私冒険者ですから!最速を追い求めてこれ!ストレージがない船が!
 半ば強引に胡椒を積み詰め込まれ、我がLA-SE3Pの船倉は黒いツブツブだらけです。とりあえず…砲弾を全部捨てて、食料は3日分だけ。空いたスペースに水を積めるだけ積んで、カリカットを出航します。出航数日後の船の様子がこちら。

 船倉内の3分の2が胡椒。胡椒のカタマリが航海しています…。釣りも1回したらすぐに船倉は一杯。1日単位で魚を捌くという、なんだか落ち着かない航海が続きました…。そんな感じでケープまで到達。とりあえず、胡椒150袋は無事健在です。今度は北上ルートか…さすがにマディラ一直線は無理そうですねえ。サンジョルジュにでも寄ろうかな?
  1. 2006/04/08(土) 12:09:49|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫というか狸

 欧州にいる間生物学の依頼ばかり受けていた所為か、インドに来ても生物学の依頼しか紹介してくれないのです、カリカットの仲介人は。また欧州に帰ったら他の学問の依頼もこなさないとだめですねえ…。というわけで、今回受けた依頼はこちら。

 シベット…?全く知りませんが!ほうほう、猫から取れる香料…一体どんな香りがするのでしょうか。猫臭いワイルドな香りでもするのでしょうか?ちなみに中の人はホントにシベットというものを知りません。現代にもある香料なんですか?
 さてでは出航…って、マッサワですか!先日行こうとして見事にNPCガレアスに拿捕された、あの海域ですか!むう、不本意ではありますが鉄板を貼り付けていきますか…。ちなみにLA-SE3Pに鉄板1枚貼り付けるとガレオン(ノーマル)程度の装甲値になります。このくらいあれば、この辺のNPCの砲撃には十分耐えられますね。白兵を仕掛けられると一瞬で拿捕されますが。
 今回は特に沈むこともなく無事マッサワに到着。早速情報収集に走ります。

 ……尻をぐりぐり?何故に尻をぐりぐり?なんかこう、非常に嫌な予感がするのですが。「この町の近くで」ということなので、郊外へ探しに出かけることにしました。そして見つけた猫がこちらです!

 ……猫…なんですかこれは?私にはこう、とか…に似ているような気がしなくもないのですが…。調査ログを確認してみると。

 狸だ…。やっぱり狸に似ていますよね…。ほうほう、肛門の近くに腺があるから、みんな尻をぐりぐりするという訳ですか。そりゃあ人間嫌いになるのもうなずけますね。それにしても…悪臭のする分泌液を希釈しようなどと考えたのは一体誰なんでしょうか。これを書きながら追跡調査もかけたところ…なんと現代でも、かの有名なシャネルの5番にブレンドされているのだとか!
 シャネルの5番には、狸…もとい、ジャコウネコの尻をぐりぐりして取った悪臭のする分泌液が混ざっているということで…報告を…。
  1. 2006/04/07(金) 13:45:45|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はちょっと外れた話

 さて、再びインドに到達しました。これでインドは2度目の来訪になりますね。流浪の道化がいるボンディシェリを先に訪問しようとしたのですが…あそこ!セイロン前!なんであんなにNPC海賊がうようよいるんですか!前に通った時にはあんなにいたっけかなあ…。思いっきり至近距離で戦闘に入ってしまい、しかも装甲も付けていなかったものだから、なんだかもわもわした弾をまともに食らって沈められてしまいましたよ。今度からあっちに行く時にはセイロン島を回り込んで行こう…。
 で、ボンディシェリを訪れてからカリカットに入ります。とりあえずポルトガルイベントを進めてから生物学の依頼を受けて落ちました。今回のプレイはここまで。
[今日はちょっと外れた話]の続きを読む
  1. 2006/04/05(水) 19:50:26|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本格的に再始動!

 元々は設定間違えにより公開状態となったここ「紅き葉は舞い落ちれど」ですが、カッパさんるしさんにやさんを始めいろんな方がこちらに見に来て頂いているようなのです。なので、ここはもうひっそりなどとちまちましたことは言わず、以前のようにオープンな日記にすることにしました。宣伝活動をしないという方針があった為にTBもリンクもしていませんでしたが、これからはそれらもばんばんと。
 でも相変わらずゲーム内での航海はまったりとしています。交易品を積むこともなくただひたすら魚釣りで生計を立てる日々。カリカットに着いたというのに、船倉には胡椒ではなくマグロとカツオが満載になっています。
 ところでこのマグロ、普通にバザーして売れるものなんですかねえ?前回は商館に1匹10Kで置いたらあっという間に売れてびっくりしてしまいましたが。釣りをして段々と魚の数が増えてくると私の船に納まらなくなりますので、とっとと売ってしまいたいんですが。売れなかったらどうしようかな~、交易所のオッチャンに買い取ってもらいますかねえ。1匹1Kちょいですが。交易所のオッチャンに足元見られています!
  1. 2006/04/05(水) 19:48:35|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とりあえず画像だけ…

 ホントは今日日記を書いたのですが、書き上がってから別の作業をしていたらいきなりOSが吹き飛んでしまいました…。これだからMicr○s○ftのOSは!!!また同じ内容を書くのは疲れるので、とりあえず掲載予定だった画像とコメントをちょろっとだけ。

 これはどう見てもサメではないと思うのですが!

 ケープからディブまでの航路。途中遭遇した商用ジーベックは速かった…。
  1. 2006/04/04(火) 18:58:38|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

とんでもない勘違い…

 え~、プロフィールにも書いてありますが、私ことくれは。は横帆バカのスピード狂で御座います。(冒険者用)サムブークを見つけると、ついつい追いかけてバトルを仕掛けたくなってしまうのです。目標は、横帆の船でサムをちぎること!最近では交易と戦闘の要素を捨てて、ひたすら航続日数とスピードを伸ばす仕様になっています。
 先日もサムを見つけてちょうどいい感じにバトルに持ち込めたんですが、結果は追い風状態でこちらが若干速いといった感じ。う~む、ちょっとこの結果は…イマイチだなあ。追い風でこちらが断然速ければ「勝った!」とも思えるのですが、追い風でこれでは横風や向かい風ではとてもとても勝ち目はありません。もうちょっとなんとかしなければ…。
 で、先日の大海戦でマグロを釣り上げるべくシラクサ前で釣りをしていた時のことです。私以外にもマグロを釣る為にやはり何隻か港前に停泊していたのですが、その中になんだか見慣れない船を発見。…はて?なんていう船だったっけこれは?ちょっと失礼して船情報を拝見させて頂きました。船種は…っと。
 サムブーク。
 …え?何ですって?
 サムブーク。
 ……何度見ても「サムブーク」と書いてありますよ、この船。これは…
 この船がサムだったのか!!
 じゃあ、私が今までサムだと思っていた船は一体何だったんだろう…と不思議に思っていたのですが、その後別の場所で私がサムだと思い込んでいた船を発見したので、またまた失礼して船情報を拝見。船種は…っと。
 ジーベック。
 ………。私が今までサムだと思ってバトルを仕掛けてきたのは実はジーベックだったんですか!そりゃ追いつかないわけですよ。今度はしっかりとサムを見つけてバトルを挑んでみますか。
 でも、もうちょっと頑張ればジーベックとも張り合えるかもしれないというのが、図らずも判明しましたねえ。……ガレオン乗るまでは無理かな?
  1. 2006/04/03(月) 19:53:20|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Twitter

FeedWind

RSS Feed Widget

カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。