紅き葉は舞い落ちれど
管理人くれはのオンラインゲームプレイ日記です。現在ファイナルファンタジーXIVをプレイしております。


本サイトは「STOP RMT!!」プラチナリボン運動に参加しております。
STOP!! RMT

プロフィール

多摩のくれは

Author:多摩のくれは
 どのMMOでもまったり過ごすことが信条。
 メインジョブが学者と黒魔道士、サブはナイトで、趣味は野良ヒール。
 IDは苦手意識が強いため主にフィールドを歩いている。
 自他共に認める天然なので、稀に意味不明な言動を取る恐れアリ。

カレンダー(月別)

05 ≪│2015/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリ

FFXIVプレイ日記 (37)
雑記 (67)
大航海プレイ日記 (396)
風の赴くままに (16)
バルシャで無寄港インド! (7)
くれは。世界を釣る! (13)
フィッシュハンターくれは。! (15)
管理人の大航海妄想劇 (4)
マビノギプレイ日記 (294)
イメンマハの水面に月は映える (13)
エリンを見つめる (52)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天使の顔をして近付き悪魔に豹変して捕食する

 前の日記にも書きましたけど、蒼天で一番楽しみにしていたのがフライングマウントです。私もようやくフライングマウントを開放して、まだクルザス西部高地だけですが空を飛んでいます。さらにマイチョコボも飛べるようになりました。
 私はコレクターズエディションではないのでグリフォンは持っていません。グリフォン、カッコいいですよね。悠然と飛ぶ様とか、飛んでる時に翼が雲を引くところとか。
 でも、仮にグリフォンを持っていたとしてもやっぱり私は最終的にはマイチョコボで飛び続けるような気がしますね。地上も走れる、空も飛べる、一緒に戦ってくれる。なにより、メイン序盤で初めて出会ってから今までずっと一緒に行動してくれた、私の相棒ですからね。ちょっと私のワガママでえらい暗い色に染まってしまいましたけどね。

 で、そんなマイチョコボのさくらんぼさんに跨って色々と西部高地を飛んでいた時にですね、面白いものを見つけてしまいましたよ。

 この湖は凍り付いてはいなかったのですが、中にクリオネと思しきものが…。それにしても大きいですね。エオルゼアの動物ってみんな巨大化していますよね。
 他にも飛び回っていると色々と面白いものが発見できそうですよね。これからも楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/06/28(日) 10:42:40|
  2. FFXIVプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴールデン・ハインド号は私掠船であり世界周航を成し遂げた冒険船でもある

 カルヴァランさん。

 ここでも噂されているんですが、アドネールに戻るつもりはないんですか?w

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/06/27(土) 21:50:10|
  2. FFXIVプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地に堕ちた光の戦士は天空の光の垂幕を目撃する

 昨日も少しずつクエストを進めていたわけなんですが、メインのクエストの関係でリバーズミート下流の深い峡谷から上流に向かって走ってたんですよね。そうすると、細く切れた岩間から星空が見えるんです。
 おお!なんてキレイな!
 極寒の地で空気が澄んでいるからでしょうか、ザナラーンの星空にも負けず劣らずの美しさです。一刻も早く満天の星空が見たいと思って峡谷を駆け抜けて広い場所に出たのですがそこで更にびっくり。

 なんとオーロラです!これはスゴイ!βの頃からエオルゼアの美しさを見るためにプレイしていたようなものですが、まさかこんな気象現象まで目撃できるとは思いませんでした。実際のオーロラって私は見たことないのですが、こんな感じで揺れ動くんですかねえ。
 重い気分で走り回っていたモノクロの西部高地ですが、このひと時だけ色が宿ったように思えました。

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/06/25(木) 18:52:14|
  2. FFXIVプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変わり果てた景色を目の当たりにすると心の中の美しい情景が上書きされてしまいそうになる

 私もぼちぼちと蒼天を進めています。最初はまずDPSから上げてしまおうかと黒魔道士でメイン開始したのですが、やっぱり学者を先に上げようかなあ…と思い直しているところです。まずはメインの進み具合に追いつくためにレベル上げしないと…。

 クルザス西部高地。ここは旧時代にあったリージョンなんだそうで。第七霊災以前、クルザスは名前が示すような高原地帯といった風景だったそうです。基本的には岩肌だけど、僅かながらも緑に覆われている…山登りが好きな方はそんな風景を目にしたことがあると思います。しかし、現在のクルザスは雪と氷に覆われた極寒の地…。

 キャンプ・リバーズミート。中心付近にあるこれは旧時代に使われていたエーテライトのようですね。旧時代から運用され続けている情報サイトでスクリーンショットを見たことがあります。
 かつてはここも冒険者達で賑わっていたのでしょうか。旧FFXIVは決して評判が高いMMOではなかったと聞いていますが、それでもその世界が好きで今の私のように毎日のようにエオルゼアにログインしていた冒険者達は沢山いた筈です。レガシープレイヤーさん達は、自分達がかつて訪れていた施設が朽ち果て、雪に埋もれた情景を目の当たりにして何を思うのでしょうか。
 凍て付く川には雪積もる桟橋と、氷に囚われた渡し船。一部だけ顔を覗かせる木で作った階段。もし叶うのならば、かつての気候のクルザスを見てみたかったですね。

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/06/24(水) 22:27:43|
  2. FFXIVプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光すら吸い込むというブラックホールも理論上は蒸発し消滅することがある

 イシュガルドも進めたいのはやまやまなのですが、私はまだこちらでやるべきことが残っていましてね…ギャザクラをオール50にするという目標がまだ達成できていないので、まずはそれを完遂しなければ。
 というわけで、まだまだイクサルデイリーをやっているわけなのですが…草刈りの依頼でイクサルの伐採所の手前の…なんていいましたっけ、デュラハンが徘徊しているところ。あそこで仕事をしていたんですが、

 なんですかこの真っ黒な草は。全ての光を吸い込むかのような暗黒の草を発見しました。名付けて、ダークグラスといったところでしょうかね。

 まあ、多分開発チームがテクスチャを貼り忘れているんだと思いますけどね…。

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/06/21(日) 10:07:44|
  2. FFXIVプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタートダッシュが遅くともしっかり歩んでいれば確実に前に進める

 ギャザクラ上げもいよいよ大詰めに入ってきました。とりあえずギャザラーは三職全てカンストです。クラフターも元からカンストしていた調理師に加え、木工師と鍛治師がカンストしました。残るは五職、5LVずつなので予定では25日あればオールカンストできることになります。
 が、そのくらいには蒼天が開始されていると思うのでレベルキャップも解放されています。するとまたギャザクラ上げの日々が…。暫くはヒマになることもなさそうですね。

 最近よく学者で行動するようになりました。一時期ID嫌いになった時は心理的な負担の軽いDPSに鞍替えし黒魔道士メインで行動していましたけど、最近はあんまり心理的な負担を感じることもなくなってきました。
 今まではシルクスなんかにもずっと黒魔道士で通っていたのですが、最近は学者で出張っています。すぐにマッチングしますしね。不滅のガーディアンの大技をバリアにバフを駆使してパーティ全員ノーダメージで切り抜けた時なんかはもう、してやったりみたいな気分になれますね。勿論、相方ヒーラーさんの活躍もあればこそだと思いますが。最近はよく相方ヒーラーさんにMIP入れていたりしますね。なんか共同作業したみたいな親近感を感じるんですよ。仕事しないヒーラーさんには入れませんけどね。

 仕事しないヒーラーさんといえば…。ちょっと先日弱ガルーダ戦に行ったんですよ。その時は黒魔道士で行ったんですけど。その時にマッチングしたヒーラーさん、白魔道士だったんですが、まあ仕事しない仕事しない。仕事をしないというよりはゴリ押ししようとするんですよね。私や竜さんが死にかけているというのに例によってホーリーぶっ放し。私や竜さんが死んでも尚ホーリーぶっ放し。羽が湧いた時のホーリーは確かに有難いのですが、普段は回復に専念して欲しいですね。挙句の果てにDPSは全滅、タンクさんも死にかけているというのに回復する為のMPも尽きる始末。
 タンクさんや竜さんは装備もまだ整っていなかったのでおそらくレベリング中だったと思うのですが、よっぽどしっかりしていましたね。こういうのを見てしまうと「自分ならもっとちゃんと仲間を回復してあげられるのに!」とか、おこがましくも考えてしまうんですよね。
 そういえば、ID嫌いを克服して学者の修行をやり直そうと思った時も、ナイトをやってみようと思い立った時も、こんな出来事がきっかけだったような気がします。こんなヒーラーやタンクに任せるくらいなら自分がもっと頑張ってパーティを支えてやるみたいな、そういう思いで修行していたような気がします。今まですっかり忘れていましたけど、この気持ちは覚えておかないといけませんね。

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/06/01(月) 14:22:26|
  2. FFXIVプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Twitter

FeedWind

RSS Feed Widget

カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。