紅き葉は舞い落ちれど
管理人くれはのオンラインゲームプレイ日記です。現在ファイナルファンタジーXIVをプレイしております。


本サイトは「STOP RMT!!」プラチナリボン運動に参加しております。
STOP!! RMT

プロフィール

多摩のくれは

Author:多摩のくれは
 どのMMOでもまったり過ごすことが信条。
 メインジョブが学者と黒魔道士、サブはナイトで、趣味は野良ヒール。
 IDは苦手意識が強いため主にフィールドを歩いている。
 自他共に認める天然なので、稀に意味不明な言動を取る恐れアリ。

カレンダー(月別)

06 ≪│2015/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリ

FFXIVプレイ日記 (37)
雑記 (67)
大航海プレイ日記 (396)
風の赴くままに (16)
バルシャで無寄港インド! (7)
くれは。世界を釣る! (13)
フィッシュハンターくれは。! (15)
管理人の大航海妄想劇 (4)
マビノギプレイ日記 (294)
イメンマハの水面に月は映える (13)
エリンを見つめる (52)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一口に粘菌といっても色々と分類分けされているらしい

 以前からドラヴァニア雲海って何かあるような気がしていたので改めて出かけてみました。で、本題に入る前にですね…。


 白亜の宮殿の下に回りこんでみました。こんな構造になっているんですね~。殆どの人は宮殿の上空に行ってみるとは思うのですが、下に行く人はあまりいなさそうだなあと思いまして。これはこれでなかなかスゴい眺めなので、興味のある人は行ってみるとイイかもしれません。

 というわけで本題。ドラヴァニア雲海。ここまで到達しているプレイヤーさんはご存知だとは思いますが、白亜の宮殿周辺以外は、場所にもよりますがだいたいご覧のとおりの風景です。

 ただれ落ちた樹の枝、蔓延る粘菌のようなもの、結晶化した大木。私にはかなり異様な風景に見えています。まるでアムダプール市街の腐海ですね。あの場所は第七霊災の影響で土の属性が不足して腐ってしまったそうですが、この地にも似たようなことが起きたのでしょうか。放電現象や砂嵐がよく発生すること、ライトニングスプライトやウィンドスプライトが生息(?)していることなどから、雷と風の属性が強そうではありますね。こんな感じで。

 建造物や道路は寸断されてあらぬ高度の浮島に続いていたりしているため、おそらく竜詩戦争が始まった後に「天変地異的な何か」がこの地に起こったのではないかと思っています。ひょっとすると、メインストーリー(サブストーリーだったかもしれません…)で語られるアレと何らかの関連があるのかもしれません。
 結晶化した大木についてなのですが、最初はこれも上述した「天変地異的な何か」の影響なのかと思っていたのですが…。大木のうちの1本の周りを取り囲むように遺跡が造られていた箇所があったんです。ということはおそらく竜詩戦争が開始される前には既にこの大木があったことになるため、どうやら「天変地異的な何か」とは関係なさそうです。
 このあたりの説明は、まだ私が未到達なメインストーリーで語られたりするのでしょうか。それとも、今後実装されるストーリーの続きになるのでしょうか。それとも…?

 おまけ。

 例の謎の巨大飛空艇、ドラヴァニア雲海でも目撃。前回はアバラシア雲海でしたが…あちこちに出没するんですねえ。
スポンサーサイト

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/07/31(金) 17:37:46|
  2. FFXIVプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一度も目にしたことがない自然現象を目撃すると感動のあまり言葉を失う

 蒼天のメインストーリー、最初に黒魔道士で開始して途中で学者にスイッチしたため、時々レベルが足りなくて先に進めなくなることがあります。そんな時はレベリングする必要があるのですが…レベリングの補助として使っているのがイシュガルドのデイリーモブです。
 せっかくなのでテレポを使わずに相棒のさくらんぼさんとひたすら空を飛んで移動しつつこなしていこうかと思いまして。アバラシア雲海→クルザス西部高地→高地ドラヴァニア→ドラヴァニア雲海と移動するといい感じです。
 で、先日のこと。アバラシア雲海でのターゲットを片付けてクルザス西部高地に移動してきたのですが、そこでなにやら見慣れないものが目の前を漂っているのを発見しました。よくよく見てみるとなんかキラキラしたものが降っているような…?
 ひょっとしてこれ、ダイヤモンドダストですか!?

 ちょっとスクリーンショットだと見づらいのですが、所々に淡い光が漂って見えるのがそうです。びっくりしましたね~。先日見つけたオーロラといい、この地の気象現象には驚かされることが多いですね。
 残念ながら直後に天気が変わって雪が降り始めてしまいましたが…オーロラもダイヤモンドダストも私はリアルでは一度も見たことがないので、仮想世界の中とはいえ貴重な体験になりましたね。

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/07/25(土) 17:45:08|
  2. FFXIVプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

軽微なハプニングは結束力を強めるにかわとなることがある

 前回書いた日記のモーグリの顔の形をした浮島、スクリーンショットを貼り付けるのを忘れていました。残念ながら霧がかかっていたのであんまり綺麗ではないですが…。

 あと、少し前に撮って日記を書き忘れていた白亜の宮殿のスクリーンショットもついでに載せておきます。あまりにも巨大でアングル調整にかなり迷いました…。これでも結構不満が残るデキ。



 あとそう、本日真ビスマルク戦を突破いたしました。戦闘自体はまあそれほど苦労することもなく終わったのですが…。
 開始直前のことです。タンクさん同士が分担決め相談。相談が終わってでは突入しましょう!となった時にふとパーティメンバーリストを見ると、一人いない…というかお亡くなりになっています。
 どうやら滑落した模様。というかここ、タイタンみたいにリングアウトすると落ちるんですねえ。
 「…一回落ちますかw」
 のタンクさんの号令とともに全員笑いながら雲海に向けてダイブ!仕切り直しになりました。
 これで空気が一気に和みましたね。初見挨拶したのが私を含め半数近くいましたが…。最初に滑落した人、場を和ませようと思ってわざと…?なのかどうかは分かりませんが、そういうことにしておきましょうか。

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/07/19(日) 18:26:19|
  2. FFXIVプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月の女神に見初められ永遠に眠らされるのは幸福か否か

 ようやくアバラシア雲海の高層域までやってきました。バヌバヌ族、いいですね。彼らの踊りがエモで実装されるなんて噂を聞きましたが、これはぜひ実装して頂きたいです。攻撃してくる時も踊りながらなのでなんかスゴイ憎めないですよね。今まで登場した蛮族の中で一番のお気に入りかも。
 さてこの高層域に生息している魔物の中に、こんなのがいますね。

 エンディミオン。黙約の塔の中ボス、アインハンダーのザコとして登場するアストライアーに見た目がよく似ています。

 以前、このアインハンダーとアストライアーについて書いた日記があります。

 http://fishingkureha.blog58.fc2.com/blog-entry-785.html

 この日記にも書いているのですが、かつてスクウェアがリリースしたシューティングゲーム「アインハンダー」で使用できる自機が、「エンディミオン」と「アストライアー」なのです。この魔物を目撃した時にはちょっとクスリとしてしまいました。

 それにしてもアバラシア雲海、いいですねえ。クルザス西部高地よりも気に入ったかもしれません。景色もいいし、BGMもいいし。フライングマウントを開放できたので、一息つきたい時には今度からここに来ましょうかねえ。

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/07/19(日) 17:55:11|
  2. FFXIVプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブートキャンプという言葉の意味が未だによく分からない

 学者のジョブクエ(LV56)のネタバレありますので、ご注意を。
[ブートキャンプという言葉の意味が未だによく分からない]の続きを読む

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/07/18(土) 10:26:09|
  2. FFXIVプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒼の竜騎士はジャンプで果実を取り次代の軍学者はサモンで見世物小屋を設立する

 なんとな~く重い雰囲気の中で進み続けている蒼天のイシュガルド。その中で数少ないクスリとできる一コマ。

 あのエスティニアンが!既存竜騎士ジョブクエの中でもクールを貫いていた彼がよもやこんな発言をするとは。いいじゃないですか、便利なんだし。
 その背中のトゲトゲも色々使えそうですよね。

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/07/04(土) 18:27:10|
  2. FFXIVプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Twitter

FeedWind

RSS Feed Widget

カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。