紅き葉は舞い落ちれど
管理人くれはのオンラインゲームプレイ日記です。現在ファイナルファンタジーXIVをプレイしております。


本サイトは「STOP RMT!!」プラチナリボン運動に参加しております。
STOP!! RMT

プロフィール

多摩のくれは

Author:多摩のくれは
 どのMMOでもまったり過ごすことが信条。
 メインジョブが学者と黒魔道士、サブはナイトで、趣味は野良ヒール。
 IDは苦手意識が強いため主にフィールドを歩いている。
 自他共に認める天然なので、稀に意味不明な言動を取る恐れアリ。

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリ

FFXIVプレイ日記 (37)
雑記 (67)
大航海プレイ日記 (396)
風の赴くままに (16)
バルシャで無寄港インド! (7)
くれは。世界を釣る! (13)
フィッシュハンターくれは。! (15)
管理人の大航海妄想劇 (4)
マビノギプレイ日記 (294)
イメンマハの水面に月は映える (13)
エリンを見つめる (52)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

向かい風の中

 それではいざスタートです!いつものように帆を広げたら、操帆、測量、釣り、そして海事中は封印していた警戒を発動し、まずは船首を西に向けます。セビリアからリスボン、オポルト近辺は大体風が北~北西方向から吹くので、まずは船を真西に向け、加速しながら風の様子をしっかりと観察。今回は風が北西に固定されているようなのでちょっと勝負に出てみます。ファロを通過して更に少し西に進んだ後、思い切って船首を真北に向けます。普段はこの辺は真北から風が吹くこともあるのでこんな事は絶対にしないのですが、今回はかなりの大勝負です。幸いにも風向きがいきなり真北に変わることもなく小型ガレオン「SE-02」は快調に飛ばして、リスボン、オポルトを通過して北大西洋に入ります。さてここから先が勝負の分かれ目です。ここから北は季節によって風向きが大幅に異なるため、場合によってはここから先は延々向かい風になるのです。現在の北大西洋の風向きは…?
 北西からの風です!やられた!延々向かい風決定です!北北西と北西の間を風向きが行ったり来たりしています。とりあえず正面から風を受けるのを避けるため、少しでも船を東寄りに向けて航行。イベリア半島北西端を通過したら、プリマスの鼻先を通過するように船の向きを調整します。しかし…ここで私は決定的な過ちを犯していたことに気が付きませんでした…。船は更に進んでビスケー湾へと突入します。すると!
 風が北北東から吹いている!すっかり忘れていました…。ここではそっち方向からも風が吹くということを…。さてどうする!風が北東固定だということに望みをかけて船を真北に向けますが、なんと真北からも風が吹き付けてきます!ここは大人しく東北東に船を向けるか…それとも逆に!
 船の向きを一気に北西に向け、ビスケー湾を脱出して再度北大西洋に出ます。こちらは確か真北からの風は殆ど吹かなかった筈です。船首を真北に向けますが、やっぱり向かい風であることに変わりはなくいまいち船足が速まりません。そうこうしている内に大分北上してきたので、船を北東に向けます。ビスケー湾を貫いてブリテン島南部へ。
  1. 2006/05/05(金) 10:58:05|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ボートレースの結果は… | ホーム | またまたこんなことを…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fishingkureha.blog58.fc2.com/tb.php/47-9a1802c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

FeedWind

RSS Feed Widget

カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。