紅き葉は舞い落ちれど
管理人くれはのオンラインゲームプレイ日記です。現在ファイナルファンタジーXIVをプレイしております。


本サイトは「STOP RMT!!」プラチナリボン運動に参加しております。
STOP!! RMT

プロフィール

多摩のくれは

Author:多摩のくれは
 どのMMOでもまったり過ごすことが信条。
 メインジョブが学者と黒魔道士、サブはナイトで、趣味は野良ヒール。
 IDは苦手意識が強いため主にフィールドを歩いている。
 自他共に認める天然なので、稀に意味不明な言動を取る恐れアリ。

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリ

FFXIVプレイ日記 (37)
雑記 (67)
大航海プレイ日記 (396)
風の赴くままに (16)
バルシャで無寄港インド! (7)
くれは。世界を釣る! (13)
フィッシュハンターくれは。! (15)
管理人の大航海妄想劇 (4)
マビノギプレイ日記 (294)
イメンマハの水面に月は映える (13)
エリンを見つめる (52)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

思い出は額縁に収まった絵のように小さくなる

 今回の記事は大航海時代Onlineとは全く関係ないくれはの中の人のつぶやきです。

 昔々見た風景はいつまでも心に残っているもの。思い出が深ければ深いほどその風景はより鮮明に心に残る。
 時が経ち、その風景があった場所に立ち寄ってみる。すると思い出の中の風景とは全く様相が変わってしまっていることがままある。
 例えば私の実家。社会人になって間もなく一人暮らしを始めた私の心に残っているのは、林がすぐ近くにあり、畑や空き地が周囲にあった静かな土地だった。しかし数年後実家に帰ってみれば住宅が建ち並ぶ別世界。自分の実家だというのに道に迷いかける始末だった。

 こことは違う、別の世界。かつていたその世界も、一見変わっていないように見えて実はやはり気がつかないうちに少しずつ変わっていくものだという事を知った。
 その世界にとって、私はもう過去の人。私などとっくにいなくなっているものと密かに主張しながらその世界は回っていく。
 私はもう過去の人間。
 私はもう他所の人間。
 願わくば、その世界に住む人達に幸あらん事を。
  1. 2010/03/26(金) 22:47:48|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<そしてサワラを収奪された | ホーム | カリブ親父を追いかけて >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2010/04/12(月) 20:06:16 |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。
後ほどメールを差し上げますね。
  1. URL |
  2. 2010/04/12(月) 23:27:08 |
  3. くれは。(管理人) #j1AZRJNg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fishingkureha.blog58.fc2.com/tb.php/651-c845d419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

FeedWind

RSS Feed Widget

カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。