紅き葉は舞い落ちれど
管理人くれはのオンラインゲームプレイ日記です。現在ファイナルファンタジーXIVをプレイしております。


本サイトは「STOP RMT!!」プラチナリボン運動に参加しております。
STOP!! RMT

プロフィール

多摩のくれは

Author:多摩のくれは
 どのMMOでもまったり過ごすことが信条。
 メインジョブが学者と黒魔道士、サブはナイトで、趣味は野良ヒール。
 IDは苦手意識が強いため主にフィールドを歩いている。
 自他共に認める天然なので、稀に意味不明な言動を取る恐れアリ。

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリ

FFXIVプレイ日記 (37)
雑記 (67)
大航海プレイ日記 (396)
風の赴くままに (16)
バルシャで無寄港インド! (7)
くれは。世界を釣る! (13)
フィッシュハンターくれは。! (15)
管理人の大航海妄想劇 (4)
マビノギプレイ日記 (294)
イメンマハの水面に月は映える (13)
エリンを見つめる (52)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

物事を動かすには動かす人が必要だ

 本ブログのサイドバーにひっそりと置いてあるリンクがあります。「大航海時代Network」というSNSへのリンクです。私がまだ大航海時代を休止する前に立ちあがり、一時期はかなりのユーザーがアクセスしていて賑わっていたのですが、私が大航海時代を休止した直後辺りからだんだん更新が滞るようになり、今は殆ど誰も見に来ていないようです。
 私はこの大航海時代Networkに思い入れがありましてね。今フレンド登録しているプレイヤーさんの殆どがここで知り合った方々です。今お世話になっている商会を知ったのも、商会長さんと知り合ったのもここがきっかけです。
 なんとかしてこのSNSを復活させてみたいなあなんてことを考えたのですが、私が一人で書き込みを開始したところでどうなるものでもないんですよね。多少は人を呼び戻す事が出来たとしても、元通りに戻るとは思えません。
 一番の懸念はSNSの運営自体が停止した状態であるらしいという事。この状態を打破するには、管理人さんと連絡を取って管理者権限を移してもらうなりして運営を再開するか、もしくは…自分で代替のSNSを立ち上げるか。どちらにしても現状で全くそういった動きがない以上、自分がまず動かなければダメだと思っています。

 ちょっと話が逸れてしまいますが。私が大航海を休止している間マビノギというMMOに浮気していまして。そちらでもやっぱりマビノギ専用のSNSに加入していたんです。そこで紆余曲折ありまして、新しいSNSを立てて全員そちらに引っ越すことになったんです。ところがそこでも紆余曲折ありまして、全員に告知されないまま引っ越しが始まってしまい、あまり友達繋がりのなかったユーザーさんが取り残される形となってしまったのです。
 私はちょこっとだけ居残りしてそういうユーザーさんを発掘するなんて事をしていたのですが、今の大航海時代Networkでとあるユーザーさんが時々日記を書かれているのを見るとその時の事を思い出してしまいましてね。誰も見る事がないかもしれない日記をひっそりと書かれている心境とはいかほどのものなのかと。
 私はその方の為にも、大航海時代Networkをもう一度日の当たる場所に引っ張り出したいと思っています。これからぼちぼち動き始めるつもりです。
  1. 2010/03/31(水) 21:21:44|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<風の赴くままに その11 | ホーム | 風の赴くままに その10 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fishingkureha.blog58.fc2.com/tb.php/654-96afe8ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

FeedWind

RSS Feed Widget

カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。