紅き葉は舞い落ちれど
管理人くれはのオンラインゲームプレイ日記です。現在ファイナルファンタジーXIVをプレイしております。


本サイトは「STOP RMT!!」プラチナリボン運動に参加しております。
STOP!! RMT

プロフィール

多摩のくれは

Author:多摩のくれは
 どのMMOでもまったり過ごすことが信条。
 メインジョブが学者と黒魔道士、サブはナイトで、趣味は野良ヒール。
 IDは苦手意識が強いため主にフィールドを歩いている。
 自他共に認める天然なので、稀に意味不明な言動を取る恐れアリ。

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリ

FFXIVプレイ日記 (37)
雑記 (67)
大航海プレイ日記 (396)
風の赴くままに (16)
バルシャで無寄港インド! (7)
くれは。世界を釣る! (13)
フィッシュハンターくれは。! (15)
管理人の大航海妄想劇 (4)
マビノギプレイ日記 (294)
イメンマハの水面に月は映える (13)
エリンを見つめる (52)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すっかり忘れていた依頼の行き先が実は反対方向だった

 ようやくセイロンに到着したら早速ジさん(仮名)にハンモックを譲って頂…こうと思ったらなんと超格安のお値段を提示して頂きました!ありがたや!さすがにそのままではあまりにも気がひけたので、代わりにマグステを格安でお譲りいたしました。

 それから暫くお喋りしていたら、なんと酒樽やらデッキブラシやら私が欲しいと思っていたものが工芸低ランクで作成できるとかいう情報を頂きました。私でも作れるではないですか!オリーブオイルを作る為に工芸を2まで上げているのです。これはいい話を聞きましたね。

 セイロンを離れたら、帰りがけにアデンに寄ってガンドゥーラの予備を調達いたしました。それから今度はアフリカの東岸を南下し、喜望峰を回り込んでケープへ。置き去りにしてきた守護霊と合流して欧州へ戻りましょう。プライベートファームの道具を補充しなければいけませんので。それに産出品の変更もしなければ。守護霊のプライベートファームからも塩を取る為に港を作ったというのに、なぜかイワシなんぞを産出し始めてしまいましたので。
 守護霊と合流して出航準備。ついでに欧州に向かう依頼が何かないかなあと仲介人の元を訪ねると、
 「あんた、依頼を受けてるじゃないか。」
 ……へ。何か受けてましたっけ?と確認してみたところ、

 なんですかこれは…?7秒ほど考え込んで思い出したのですが、そういえばサルベージ修行に入るちょっと前にサンジョルジュに寄って依頼を受けていたんでしたね。もうすっかり忘れていましたよこんなの。そんなわけで、ケープを出てカリビブへ。

 全く関係ない話なのですが、カリビブと聞くとかなり前のライブイベントで某NPCと出航所役人との会話を必ず思い出してしまうんです。確かこんなやり取り。
 某「なんだよここ、カリビブ!?カリブじゃないのかよ!?」
 役「いえ、カリビブです。」
 某「なあウソだろ?ここは本当はカリブなんだろ?なあ?」
 役「いいえ、カリビブです。」
 某NPCのテンションの高さと出航所役人の冷静っぷリが私の脳内では相当ツボにハマってるようです…。カリビブと聞くと必ず思い出しますから。

 まあそんな事は置いといてカリビブに到着です。いつもの儀式を済ませたら早速聞き込み開始。恰幅のいいオバチャンが件の花の事を話してくれました。

 なるほど。では生態調査をしに参りましょうと場所を確認してみたところ、

 なぜにケープの東側!?と思ってよくよくおばちゃんの発言を見てみたら、しっかりケープの東と言ってるんですよね。「よそにはないの?」などと紛らわしいことを言うからこの辺りにあるものだと思ったじゃないですか!
 もうアレですよ、プライベートファームの道具がもう壊れてなくなってしまったって連絡が入ってるんですから、調査は後にします!早く欧州帰らないと!


 大航海時代Onlineのキャラで作るSNS「もうひとつの大航海時代Online」への参加者募集中!
 詳しくは→のサイドバーをご参照!

  1. 2010/06/03(木) 22:22:57|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<とんぼ返りとは言うけれどトンボがとんぼ返りをしているのは見た事がない | ホーム | 収奪の美学の裏に陸戦を全く理解していない貧乏者がいた >>

コメント

いつでもボーケンできるように準備万端なんで、レッツボーケン!まぐすておいしく頂いております。おおきにです!トゥイター駱駝がフォローしやしたぜ!
  1. URL |
  2. 2010/06/05(土) 10:13:01 |
  3. ジ(仮名)w #-
  4. [ 編集]

アレ行きましょう!

テノチティトランの進め方を今調べているところなので、今度みんなで一緒に行きましょう!
まあ私はスキルが足りないので、誰か行ける人がいないとなのですが…^^;。
  1. URL |
  2. 2010/06/05(土) 12:26:16 |
  3. くれは。(管理人) #j1AZRJNg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fishingkureha.blog58.fc2.com/tb.php/690-8cd69d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

FeedWind

RSS Feed Widget

カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。