紅き葉は舞い落ちれど
管理人くれはのオンラインゲームプレイ日記です。現在ファイナルファンタジーXIVをプレイしております。


本サイトは「STOP RMT!!」プラチナリボン運動に参加しております。
STOP!! RMT

プロフィール

多摩のくれは

Author:多摩のくれは
 どのMMOでもまったり過ごすことが信条。
 メインジョブが学者と黒魔道士、サブはナイトで、趣味は野良ヒール。
 IDは苦手意識が強いため主にフィールドを歩いている。
 自他共に認める天然なので、稀に意味不明な言動を取る恐れアリ。

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリ

FFXIVプレイ日記 (37)
雑記 (67)
大航海プレイ日記 (396)
風の赴くままに (16)
バルシャで無寄港インド! (7)
くれは。世界を釣る! (13)
フィッシュハンターくれは。! (15)
管理人の大航海妄想劇 (4)
マビノギプレイ日記 (294)
イメンマハの水面に月は映える (13)
エリンを見つめる (52)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浮かれ気分でお出かけしようとすると大概条件が悪くて他の場所へ行くハメになる

 なんだかここ暫くブログ更新しておりませんでしたが、一応生きております。お金がなくなってそこら辺の海上で漂流しながら餓死していたわけではありませんので念のため。
 さてそれでは守護霊の最後の勅命、東アジアです。私の時は確かマニラから日本近海まで出かけたんですよね。日本の山の調査を依頼されて、富士山が見られると期待して出かけたら実は熊野山地だったというオチが付いていたわけですが。

 というわけでマニラに到着した我々は早速執政官の元へ。提示された勅命を覗き込んでいったのですが、守護霊が受けられそうなものが1つしかありません。マラッカに行って東アジアに関する情報を仕入れよ…というヤツ。はて、富士山…じゃなかった、熊野山地を調査する勅命はどこに?と探してみたら、
 視認が必要な勅命でした。
 守護霊は釣りと私の通訳以外何の役にも立たないので、視認なんて当然持っていません。スキルマークが付いていない勅命ばかり物色していたので見つからなかったんですね…当たり前ですが。
 仕方が無いのでマラッカ行きの勅命を受けてマニラを出航。順調に航行してマラッカに到着です。
 初めて上陸した土地でガッツポーズを取る守護霊。
 と、私。
 え、いや、私ですね、実は東南アジア以降に実装された土地には殆ど立ち寄ったことがなくてですね。まあ、守護霊が世界各地を回れるようになった暁には色々と出かけようと思ってはいるのですが。

 マラッカの街中で情報収集をして勅命は完了。マラッカを出発してマニラに戻り、勅命の報告。今回は特に苦労することもなく無事終わりましたね。早いところ本国で報告をしたいので、すぐさまマニラを出発します。
 驚くほど何も起きずに東南アジアから喜望峰へ直行。補給のためケープに立ち寄ってこの日はログアウト。欧州に帰ったら勅命の報告をして…その後は商会の凄惨会の話がぼちぼちと上がってきそうなので、マグロ釣りでもして時間を潰していましょうかね。


 大航海時代Onlineのキャラで作るSNS「もうひとつの大航海時代Online」への参加者募集中!
 詳しくは→のサイドバーをご参照!

  1. 2010/10/19(火) 22:17:24|
  2. 大航海プレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<過去の思い出というものはいつの間にか自分の中で美化されていたりする | ホーム | 己の実力というものは他の者と比べてみないとなかなか把握することが出来ない >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fishingkureha.blog58.fc2.com/tb.php/743-247e42f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

FeedWind

RSS Feed Widget

カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。