紅き葉は舞い落ちれど
管理人くれはのオンラインゲームプレイ日記です。現在ファイナルファンタジーXIVをプレイしております。


本サイトは「STOP RMT!!」プラチナリボン運動に参加しております。
STOP!! RMT

プロフィール

多摩のくれは

Author:多摩のくれは
 どのMMOでもまったり過ごすことが信条。
 メインジョブが学者と黒魔道士、サブはナイトで、趣味は野良ヒール。
 IDは苦手意識が強いため主にフィールドを歩いている。
 自他共に認める天然なので、稀に意味不明な言動を取る恐れアリ。

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリ

FFXIVプレイ日記 (37)
雑記 (67)
大航海プレイ日記 (396)
風の赴くままに (16)
バルシャで無寄港インド! (7)
くれは。世界を釣る! (13)
フィッシュハンターくれは。! (15)
管理人の大航海妄想劇 (4)
マビノギプレイ日記 (294)
イメンマハの水面に月は映える (13)
エリンを見つめる (52)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月の女神に見初められ永遠に眠らされるのは幸福か否か

 ようやくアバラシア雲海の高層域までやってきました。バヌバヌ族、いいですね。彼らの踊りがエモで実装されるなんて噂を聞きましたが、これはぜひ実装して頂きたいです。攻撃してくる時も踊りながらなのでなんかスゴイ憎めないですよね。今まで登場した蛮族の中で一番のお気に入りかも。
 さてこの高層域に生息している魔物の中に、こんなのがいますね。

 エンディミオン。黙約の塔の中ボス、アインハンダーのザコとして登場するアストライアーに見た目がよく似ています。

 以前、このアインハンダーとアストライアーについて書いた日記があります。

 http://fishingkureha.blog58.fc2.com/blog-entry-785.html

 この日記にも書いているのですが、かつてスクウェアがリリースしたシューティングゲーム「アインハンダー」で使用できる自機が、「エンディミオン」と「アストライアー」なのです。この魔物を目撃した時にはちょっとクスリとしてしまいました。

 それにしてもアバラシア雲海、いいですねえ。クルザス西部高地よりも気に入ったかもしれません。景色もいいし、BGMもいいし。フライングマウントを開放できたので、一息つきたい時には今度からここに来ましょうかねえ。

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/07/19(日) 17:55:11|
  2. FFXIVプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<軽微なハプニングは結束力を強めるにかわとなることがある | ホーム | ブートキャンプという言葉の意味が未だによく分からない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fishingkureha.blog58.fc2.com/tb.php/799-6135a855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

FeedWind

RSS Feed Widget

カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。